11月 | 2019 | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ 2019年11月の記事一覧

2019年 11月 15日 オススメの参考書紹介

こんにちは!担任助手の田村です。

みなさん、勉強の調子はいかがでしょうか!

最近は一気に冷え込んでもう冬って感じですよね~

こういう時期は体調を崩しやすいので、あったかく着込んだりマスクをしたりして体調管理をしっかりしましょう!!

センター試験まであと二ヶ月なので体調管理も気を使いましょう!!

 

そんな今日はオススメの参考書について書きたいと思います!!

今回僕が紹介するのは「漢文早覚え速答法(田中雄二著)」です!1

何故今回この参考書を僕がオススメするのかというと、

センター試験まで残り二ヶ月ほどに迫った今の時期に一番伸びるセンター試験の分野の一つが漢文(古典)だからです!!

センター試験の漢文は基本句法と漢字の意味の暗記で解けます!!

なのでこの時期にやるべきなのです!

 

では、この参考書のどこがいいのかについてお教えします!!

この参考書のすごいところは3つあります

1.本当に必要な句法が載っている

他の漢文の参考書だと、必要以上に難しい句法まで載せているせいで覚えにくかったりすると思います。しかし、この参考書には筆者の方がデータをもとに入試に本当に必要な句法だけ載せているので覚えやすいです!

2.覚え方まで載っている

句法は漢文なのでそのままだと覚えにくいものが多いと思います。しかし、この参考書には語呂あわせなどの覚え方が載っているので、覚えやすいです!

3.例題が載っている

この参考書では句法が載っているすぐ後簡単な例題が難問か載っています。そのため、インプットとアウトプットが同時にできるので覚えやすいです!!

 

この参考書を使って皆さんも漢文の点数を爆あげしましょう!!

残りセンターまで二ヶ月全力で頑張りましょう!!

 

 

2019年 11月 14日 オススメの受講

こんにちは、崔です!

寒さが増してきて、寒がりの私にはとても辛い時期が続いています。

最近通学のとき電車に乗ると、温度差で毎日お腹が痛くなります…

皆さんは体調を崩さないように気をつけてくださいね!

 

さて今回は、私のオススメする受講を紹介したいと思います!

私は高2の夏に東進に入学し、受験本番までの約1年半でいくつかの受講を受けてきましたが、その中でもオススメなのが 

受験数学ⅠA・ⅡB(難関)

です。

これは主に文系の難関国公立大学を目指す生徒や、理系の難関大学を目指す生徒にぜひとも取ってほしい講座です。

この講座は志田晶先生が担当しています。

まず、志田先生の紹介をしたいと思います。

志田先生は東大、京大をはじめとする難関大合格へ数多くの受講者を導いた数学科実力講師で、わかりやすさを徹底的に追求する先生です。

全国模試、テキストの作成チーフとして活躍した経歴を持ち、参考書も数多く執筆する実力派講師です。

数学的な考え方」を重要視しており、問題を解けるようにすることよりもその過程をとても大事にしています。

 

受験数学ⅠA・ⅡB(難関)では、文系難関国公立大学や理系の難関大学レベルの問題を扱っています。

90分授業のうちに数多くの問題を解説するので、予習復習がとても大変ですが、その分充実した内容の学習ができます。

数学の参考書に載っているような解説を繰り返すのではなく、どうしたらそのような考え方ができるのか、どこに目をつければいいのかなどを教えてくれるため、ごまかしではないしっかりした数学の力が身に付きます。

文系難関国公立大学や理系の難関大学の受験を考えている生徒はぜひ取ってみてください!!

 

 

 

 

2019年 11月 13日 冬期特別招待講習が始まります!

こんにちは!小林楠です!

11月も中旬に入り朝起きるのが大変辛くなりましたね・・笑

大学生は必ずしも朝一から授業がないのが特徴とよくいいますが、

僕の場合は土曜日も含めて1限から授業なので、

校生の皆さんと変わりませんね!

恋しい布団とお別れして、

今日も元気よく学校に行きましょう!

 

さて、今回は東進にまだ通っていない方に向けてです!

皆さんはこの冬何か勉強での目標はありますか?

例えば、英語の点数を伸ばしたい!苦手な数学を克服したい!

もしくはシンプルに大学受験を始めたい!って人もいるのではないでしょうか?

 

そんな志を高く持つ皆さんにお知らせです!

金町校ではこの冬、

冬期特別招待講習を行います!

 

とは言っても、冬期講習ってどんなの?

と気になる方もいるのではないかと思います。

なので、今回は冬期特別招待講習について紹介したいと思います!!

 

東進の有名講師の授業を受けることが出来る!

12月11日(水)までにお申し込みしていただけると

有名講師の授業が最大3講座を無料で受けることが出来ます!

(1講座=1回90分×5回分)

 

わからない事はすぐに質問できる

東進の授業形態は基本的に映像授業になりますが、

わからない場所はすぐにその場で質問できるよう

常にスタッフが常駐してます!

わからない場所を家に持ち帰らず、

校舎で理解して次の学習に移ることができます!

 

東進スタッフとの合格指導面談

講習では初めて校舎に来た際に必ずスタッフとの面談をして、

1人1人にあった講座を一緒に選ぶことが出来ます

さらに、1日の授業・学習が終わった際にも必ずスタッフとの面談があります!

その日の授業のがしっかり理解できたか確認することができ、

他にも志望校への相談や大学入試に関する質問なども話すことが出来ます!

 

本日11月13日からお申し込み可能

1週間後の11月20日からスタートできます!

 

是非この機会に大学受験へのスタートを切りませんか?

 

もし、わからないことがあればお電話や校舎に

直接お問い合わせも可能になっています!

是非お気軽に聞いてください!

 

 ↓お申込みはこちらから↓

 

2019年 11月 12日 受験校の選び方

 

こんにちは、西野です。
すっかり日が暮れるのも遅くなり寒くなってきました。今週末は最低気温が1桁になるらしいので、早めに衣替えをしておいてくださいね!
さて、今日は受験校の決め方について書きたいと思います。


まず、選び方は2通りあります。
1.やりたいこと・学びたいことが明確な人
2.やりたいこととかは大学で決めるやとにかく大学に入りたい!

1.やりたいことがある大学を一通りピックアップする。

自分の実力や試験日や方式、実際に通うことになったら4 or 6年間通えるのかなどなど検討する。

(地方でもやりたいことがある場合は受けてもいいと思います。合格してから行くか決めれば良い)
親御さんや学校の先生、東進の担任や担任助手などと相談して決定。


2.なにを重視するのか決め(立地・受験科目・大学名など)候補を出す。
自分の実力と比較、試験日、方式などの面から検討。

親御さんや学校の先生、東進の担任や担任助手などと相談して決定。


 
どちらのパターンを取っても、大事なのは必ず滑り止めを入れること(滑り止めだと思っていても今の得点じゃ受からないなら滑り止めとは言いません。)。

大体、受験校は3つの分類に分けられ、挑戦・実力相応・滑り止めです。

各層、2-3校ずつあると安心ですが人それぞれなので、それは要相談です。

今年は来年から共通テストに変わる前の最後の年なので、倍率が低いから大丈夫だと思っていても、今年は跳ね上がる可能性があります。

どんなに倍率が上がっても合格できるところを1校入れておいてください。

また、私が一番選ぶときに重要視するのは立地です。

毎朝とは言いませんが、朝早く通勤時間に満員電車に2時間近くも揺られることが耐えられるかどうか。

何時間までなら通えるのか。

学校から最寄りの駅までどれくらいか。


私は学校まで1.5時間ほどで着きますが、友人は片道2.5時間かかるそうです。

通うのは大丈夫だと思っても、かかる時間が長くなるほど定期代もかかることをわすれないようにしましょう!



選定基準や優先度は人によって違いますが、少しでも参考にしてみてください。分からないことがある場合は早めに相談してくださいね!!

みなさんが来年の春に笑って卒業し、新たな1歩を踏み出す上で受験校選定はとても大事なことです。

「とりあえずネームバリューだけで選ぶ」や「安易な気持ちで浪人を視野に入れてるから挑戦校だけ受けます。」などと言わないようにしましょう!

 

2019年 11月 11日 点数が伸び悩んだとき

今晩は!山本です。立冬も過ぎ寒くなってきましたね!特に受験生!体調不良気を付けてくださいね!

センター試験まで残り67日になりました。

基礎を完璧にしていかなければいけない時期ですが、、、こないだの全統模試で点数がうまく伸びなかった生徒、過去問を解いているけどいまいち点数が上がらない、、、等の悩みが多くなりますね。

なので今日は私が点数が伸びなかった時期にどう対処したかをお伝えします!

大きく分けて2つです!

1つ目はやり方を変えてみる

これは今までの勉強のやり方が通用しなくなった、マンネリ化してきたと感じたからです。

毎日同じ繰り返しだと飽きも出てくるし脳も油断してしまい記憶力や集中力が低下してしまいます。

そのため週にやる勉強の課題を変えて習慣を変化させるとかなり脳に新鮮みがでて知識が入りやすくなると思います!

ただやり方が自分にあわない場合点数が低下する可能性があるので、合わないと感じた場合はすぐにやり方を変えてください!工夫次第でいくらでも変わります!模試悩んだら助手に相談してくださいね!

2つ目はもう一度やるべきこと、抜けていることをあぶりだす

低迷しているということは脳も一緒です。

自分が何をしたらいいのか、これをやって本当に伸びるのだろうかと自信がなくなってしまいます。

もう一度切り替えてするべきことを整理しましょう!

私もこの時期伸び悩みました。

頑張っている証拠なので地自信を無くさずいっしょに頑張りましょう!