滑り止め(第6・第7志望位)の選び方!! | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2018年 11月 12日 滑り止め(第6・第7志望位)の選び方!!

こんにちは!担任助手の中村です!

今日は急に15℃に下がったらしいです!寒かったですね~・・・もうすぐ冬になってしまうのでしょうか??

みなさんしっかり防寒しましょうね!

さて今日は「滑り止め(第6・7志望位)の選び方!!」というテーマでお話していきたいと思います!

私が受験生のとき、滑り止めを選ぶのにかなり苦戦しました。

そんな私が滑り止めを選ぶときに基準にしていたのは

①模試の判定(毎回の模試でA判定が取れること)

②過去問の出来(初見で8割以上取れること)

の2つです!

また、滑り止めとして受ける大学の数の目安は2~3校ぐらいだと思います。

いくら模試でA判定を取っていたり、過去問の出来が良くても、結局合否を決めるのは本番の出来なので落ちる可能性は否めません。

ですので最低2~3校以上は滑り止めを受けることをオススメします!

また、滑り止めをセンター利用で抑えておくこともオススメです!

先にセンター利用で滑り止めを抑えておくことによって後の一般入試を安心して受けることができます!

なので模試で志望校を書くときはセンター利用で受験する大学も記入するようにしましょう!

いよいよ高3生は出願の時期にさしかかってきます!受験校決定に向けて参考になれば幸いです!

以上!中村でした!さよなら!