校舎の様子 | 東進ハイスクール金町校|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール金町校 校舎長 大室 祐介

東進ハイスクール金町校校舎長の大室祐介と申します。「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」、これが東進ハイスクールの教育目標です。大学受験は多くの高校生にとって、これまでの人生の中で最も努力を必要とする、人生の転換点となります。その中にあって英語や数学などの科目を勉強するだけでなく、「第一志望に合格するために何をどうしたら良いか」「部活動との両立をどのようにすれば良いか」「あと1点、伸ばすために何をすれば良いか」という“受験勉強の仕方”を考え、判断・実行し、また自分自身の将来と向き合う事で人間的に大きく成長してもら
いたく思います。高校生の皆さんには、これから自分の将来を切り開いていける大きな可能性があります。金町校には毎日通いたくなる校舎環境と、皆さんを全力でサポートするスタッフが揃っています。大きな夢・志を持って、一緒に頑張っていきましょう。皆様のご来校を心よりお待ちしております。

東進ハイスクール金町校は人情溢れる下町にあり、人と人との「繋がり」を大切にしている校舎です。校舎スタッフと生徒との距離が近く、周りのライバルや仲間の存在を常に生徒に意識させながら、熱心で誠意ある指導を行っています。さまざまな部門のランキングを作成し、校舎内に掲示したりして、スタッフと生徒とのコミュニケーションが取りやすくなるよう心がけています。部活生も多く、練習の後でも校舎に来て閉館時間まで机に向かって集中している生徒の姿が多く見られます。スタッフ・生徒が1つのチームとなって、志望校に向かって進んでいく校舎です。

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

田村 嘉朗 くん 東京大学 理科二類
東京成徳大学高校 卒 水泳部 東進ハイスクール金町校 OB
田村 嘉朗 くん 東京大学 理科二類
担任助手として一言
受験生とは目の前の受験勉強に傾注するあまり受験の目的を失い、志望校合格が自己目的化してしまうのが常であります。志望校合格の先にある志まで見据えた上で、当面の目的である合格までの道筋を構想して実行し、その都度反省して修正する。この一連のPDCAサイクルの完成度が試されるのが受験という場であります。みなさんにはこの機会を活かして志望校合格のほかにこれらの実践的な力を身につけ、辛いことや嬉しいことをあれこれと経験し、人間的にも成長していってほしいと思っています。
林 明日香 さん 青山学院大学 教育人間科学部
江戸川高校 卒 ハンドボール部 部長 東進ハイスクール金町校 OG
林 明日香さん 青山学院大学 教育人間科学部
担任助手として一言
大学受験は自分自身を成長させるチャンスだと思います。勉強すればするほど必ず伸びます。受験期は長いようで短いです。毎日を大切に、受験が終わった後にやり残したことはないと言えるくらい、後悔のないように努力し続けてほしいです。みなさんが全力を出せるように私も一生懸命サポートさせていただきます。第一志望合格に向けて一緒に頑張っていきましょう!
大野 航平 くん 筑波大学 理工学群
小松川高校 卒 ダンス部 東進ハイスクール金町校 OB
大野 航平 くん 筑波大学 理工学群
担任助手として一言
受験勉強はまず自分を知ることが大切です。今の自分はどの教科どの分野が弱いのか、どの範囲を終わらせるべきか、志望校との学力差などの勉強に対してのことや、朝方にした時に何時に起きれば体調を崩さずに続けていけるのかという体調面もわかっていないと、体調不良で勉強が遅れることもあります。日々の学習、体調などに気を配り受験を乗り越えましょう!私達担任助手はみなさんのサポート精一杯していくので、気軽に声をかけてください!!一緒に頑張りましょう!!

→もっと見る

三浦 亜希 さん 立教大学 社会学部
白鷗高校 卒 陸上部 副部長 東進ハイスクール金町校 OG
三浦 亜希 さん 立教大学 社会学部
担任助手として一言
私が大学受験で学んだことは1分1秒の積み重ねの努力が結果に直結し、時間の使い方と努力の継続が成功に欠かせないということです。受験生活が始まる前はこれからの長い受験生活を乗り越えられるだろうかと不安に思うことも多いと思います。しかし実際はあっという間です。なのでいかに受験勉強の初期の段階から真剣に計画的に取り組んでいるかが数年後の受験結果をわける大きな決め手となります。まだ夏休みがある、まだ2学期がある、など自分が本気になるタイミングを先延ばしにせず努力を積み重ねた人には必然的に結果がついてきます。みなさんが自分の満足いく結果を手にすることが出来るよう精一杯サポートしていきます!よろしくお願いします!
砂子 寛幸 くん 慶應義塾大学 商学部
日比谷高校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール金町校 OB
砂子 寛幸 くん 慶應義塾大学 商学部
担任助手として一言
受験生活は思っているよりもあっという間に終わってしまいます。その長いようで短い時間をいかに計画的かつ有効に使うかに受験の成否がかかっています。1人では難しいことも、担任助手が精一杯手助けすることで、みなさんの受験成功へ導いていけるよう努めます。一緒に頑張りましょう!!
関口 奈々美 さん 法政大学 経営学部
上野高校 卒 ダンス部 東進ハイスクール金町校 OG
関口 奈々美 さん 法政大学 経営学部
担任助手として一言
私は受験の結果が納得のいくものではなく、とても悔しい思いをしましたが、受験勉強は間違いなく自分を成長させる糧になりました。ゴールに向かって一生懸命努力したという事実は人生において誇りになると思います。その経験を生かして皆さんの力になれるよう全力で支援します!最後まで諦めず一緒に頑張りましょう!!
崔 広輝 くん 一橋大学 商学部
白鷗高校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール金町校 OB
崔 広輝 くん 一橋大学 商学部
担任助手として一言
僕は受験というものは不公平だと思っています。自分が解ける問題がでるかどうかにかかっている。簡単に言ってしまえば”運”です。しかしその”運”を自分で高めることはいくらでもできると思います。そのために勉強をするのです。自分から”運”を掴み取りに行ってください。そのサポートを全力でしていきます!!共に頑張りましょう!!
江川 莉奈 さん 日本大学 法学部
都順天高校 卒 外国語部 東進ハイスクール金町校 OG
江川 莉奈 さん 日本大学 法学部
担任助手として一言
受験は辛いときもありますが、自分の成長・変化を感じることのできる機会です。受験までは長いようであっという間にやってきてしまいます。終わった後に後悔が残ることのないように、本気で向き合ってみませんか?小さな悩み事でも相談に乗ります!みなさんの志望校合格へ全力でサポートしていきたいと思います!金町校で一緒に頑張りましょう!!
小林 優人 くん 中央大学 国際経営学部
忍岡高校 卒 写真部 東進ハイスクール金町校 OB
小林 優人 くん 中央大学 国際経営学部
担任助手として一言
受験勉強において大切なことは、普段の学習計画をどれだけ緻密に立てることが出来るかというところです。そのためにまずは現状をしっかりと受け止め、合格への確実な道筋を立てていきましょう。どれだけ先を見据えられるかが他の受験生との大きな差になってきます。計画の緩みは気の緩みです!私たちも全力でサポートするので、悔いが残らないよう一緒に頑張っていきましょう!
川崎 鈴乃 さん 法政大学 文学部
東京成徳大学高校 卒 卓球部 東進ハイスクール金町校 OG
川崎 鈴乃 さん 法政大学 文学部
担任助手として一言
大学受験は私にとって知識以上のたくさんのものを得る貴重な経験となりました。また、辛くて投げ出したくなる時もありましたが、同じ目標を持った友達と励まし合い、そして担任助手の方々に助けられ、受験を乗り越えることができました。今度は私が皆さんを一生懸命サポートしていきたいと思います。 志望校合格を目指して一緒に頑張っていきましょう!よろしくお願いします!
福岡 龍 くん 中央大学 理工学部
私立上野学園高校 卒 トランポリン部 部長 東進ハイスクール金町校 OB
福岡 龍 くん 中央大学 理工学部
担任助手として一言
僕は受験勉強を通して、受験とは最大の成長できる場だと感じました。時には自分に負けそうな時がありますが、その時こそがその後の財産となります。その状況をどのように打破できるかがとても大切です。また、受験は長期戦です。自分と向き合うことのできる時間が沢山あります。自分を変えるチャンスなんだと考えました。そのため自分がやってきたことを生かすとともに、生徒たちに弱い自分を打破する手伝いができたら幸いです。最後まで全力で共に頑張りましょう!
山本 優里 さん 獨協大学 経済学部
私立関東第一高校 卒 卓球部 東進ハイスクール金町校 OG
山本 優里 さん 獨協大学 経済学部
担任助手として一言
私は受験勉強を始めるのが遅かったため、何をどうすればいいか分からずただがむしゃらに頑張っているだけでした。しかし東進で目標を立て、それに向かっていくうちに結果に表れるようになりました。その経験を生かして全力でサポートしていきたいと考えています。目標へ向かって、共に成長していきましょう!
東 照之 くん 学習院大学 文学部
都立三田高校 卒 バレーボール部 副部長 東進ハイスクール金町校 OB
東 照之 くん 学習院大学 文学部
担任助手として一言
受験を通じて培った忍耐力、自己管理力はこれからの人生においての財産です。ただ学力を伸ばすだけではなく、人間としての厚みを増して受験を終えた後、大人としての一歩を歩み出せる下地を作りましょう。我々担任助手は、年齢において皆さんの人生のほんの僅か先を行くだけですが、受験期間という経験の重さを強烈に感じた最も若い世代とも言えます。その経験を生かして全力で合格へのサポートをしたいと思うので、どうぞよろしくお願いします!
小林 楠 くん 獨協大学 法学部
都立南葛飾高校 卒 陸上部 部長 東進ハイスクール金町校 OB
小林 楠 くん 獨協大学 法学部
担任助手として一言
大学受験はおおよそ大半の人達が辛い事だったり大変な事だと考えていると思います。実際、私も毎日何かに悩まされ続けた受験期を過ごしていました。皆さんもこれから様々な困難や辛い事があり、悩む事もあるかと思います。その時は、周りを見てください。保護者の方や一緒に戦ってきた仲間たち、そして私達担任助手がいます。一人で抱え込まず必ず私達に相談してください。その都度全力でサポートさせていただきます。そして第一志望の大学に合格し、その先にある自分自身の夢や目標を叶え、社会、世界で活躍していきましょう。これからよろしくお願いします。
伊藤 将利 くん 法政大学 経済学部
東京成徳大学高校 卒 陸上部 東進ハイスクール綾瀬校 OB
伊藤 将利 くん 法政大学 経済学部
担任助手として一言
正直、受験勉強は苦難の連続であり精神的にもとても辛かったことを今でも覚えています。しかし、東進ハイスクールの先生や仲間たちがいてくれたお陰で乗り越えられることができました!そして、これからは金町校の担任助手として全身全霊でみなさんのことを支えていき、一緒に夢を掴んで行きたいと思っています!頑張っていきましょう!
湯澤 佳樹 くん 玉川大学 教育学部
都立小松川高校 卒 野球部 東進ハイスクール金町校 OB
湯澤 佳樹 くん 玉川大学 教育学部
担任助手として一言
今までで1番辛かったことは何かと言われると私は迷わずに大学受験といいます。しかし、受験が終わった立場から言うと本当に貴重な経験だったと思います。辛いことが多かったからこそ、乗り越えた達成感は大きかったし、両親や東進のスタッフの方々に支えてもらったことは感謝しきれません。未熟ではあると思いますが、みなさんの大学受験が満足するような結果になるように全力でサポートしていきたいと思います。よろしくお願いします!
西野 名奈恵 さん 成蹊大学 理工学部
私立順天高校 卒 少林寺拳法部 東進ハイスクール金町校 OG
西野 名奈恵 さん 成蹊大学 理工学部
担任助手として一言
成蹊大学理工学部物質生命理工学科に通っている西野です。高校では、少林寺拳法部に所属していて、部活一色の高校生活を送りました。私は、受験生の時に色々な人に助けてもらい大学受験を乗り切ることが出来ました。私も自分がしてもらったように、少しでも皆さんの力になれたらと思っていますので、全力でサポートをしていきます。よろしくお願いします。

校舎イベント紹介

特別公開授業

特別公開授業

年に2〜3回行なわれる「特別公開授業」は、普段画面上でしか目にしない講師の先生と生徒とが直接触れ合えるまたとない機会です。授業内容もさることながら、普段のt-POD授業では聴けないモチベーションを高められるような話が聴けたり、その時期ごとに必要な学習内容を具体的に分かりやすく説明してくれたりします。「自分たちのイベントは自分たちで創る」を合言葉に、特別公開授業前は生徒たちが実行委員会を結成し、スタッフのサポートのもと、準備から運営までを生徒たちが主体となって実施します。「受け身」のイベントではない、生徒の協調性と自主性を伸ばす東進らしいイベントの1つです。

塾内合宿

塾内合宿

普段の授業はt-PODによる個別学習ですが、年に数回、学年の垣根を超えて集団で学習する「塾内合宿」を行ない、非常に長い時間を通して勉強をします。この塾内合宿では、共に競い合うライバルや励まし合う仲間を見つけることも出来ますし、合宿内で行なうディスカッションは、参加した生徒にとって今勉強していることの本質を探る絶好の機会にもなっています。この塾内合宿を通じて、「受験勉強は自分ひとりでするものではないし、自分ひとりのためにするものでもない」ということを多くの生徒が実感しています。生徒同士、スタッフと生徒の距離がぐっと縮まるイベントです。

※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。

勉強法説明会

勉強法説明会

限られた勉強時間は有効に使いたいもの。そんな生徒の願いをかなえるために開催するのが勉強法説明会です。主に長期休暇前や学年の切り替わりの時期に行う説明会ですが、今の自分の苦手分野や必要な勉強がわかります。自分の志望大学に向けてどれくらい勉強すればいいのかを再確認し、目標に向けて気持ちを固めることが出来るイベントです。これから何を、どのくらい勉強したらよいかを知りスタートを切ることで、自分の実力を着実にアップすることが出来ます。