校舎の様子 | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール金町校 校舎長 倉田 篤史

東進ハイスクール金町校校舎長の倉田篤史と申します。金町校では、「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」という東進の教育理念のもと、将来の夢・志の実現にむけた中間目標としての第一志望校合格をかなえる指導はもとより、生徒一人ひとりが人間的にも成長し、自立した人間となれるよう、本気で生徒と向き合う時間を大切にしています。生徒の皆さんには大学受験を通じて努力することの大切さを知るとともに、成長の実感を得ることで、この先もたくさんのことに積極的に挑戦し、激動の時代を逞しく生き抜いていける次世代のリーダーへと成長してほしいと思っています。金町校には大学受験を戦い抜いた心強いスタッフたちがいます。本当に行きたい大学にむけて、校舎に通う仲間たちと切磋琢磨しながら、合格を勝ち取りに行きましょう!皆様のご来校を心よりお待ちしております。

東進ハイスクール金町校は人情溢れる下町にあり、人と人との「繋がり」を大切にしている校舎です。校舎スタッフと生徒との距離が近く、周りのライバルや仲間の存在を常に生徒に意識させながら、熱心で誠意ある指導を行っています。さまざまな部門のランキングを作成し、校舎内に掲示したりして、スタッフと生徒とのコミュニケーションが取りやすくなるよう心がけています。部活生も多く、練習の後でも校舎に来て閉館時間まで机に向かって集中している生徒の姿が多く見られます。スタッフ・生徒が1つのチームとなって、志望校に向かって進んでいく校舎です。

校舎の様子校舎の様子校舎の様子
'

担任助手の紹介

渡邉 一希 くん 千葉大学 教育学部
私立市川高校 卒 バレーボール部 東進ハイスクール金町校 OB
渡邉 一希 くん 千葉大学 教育学部
担任助手として一言
大学受験は自分自身が成長できるとても大きなチャンスです!それと共に何度も壁に当たって辛くて苦しい思いをすることもあるでしょう。ですが、自分の限界に挑戦すること以上に楽しくてドキドキできるものはありません!みなさんは大学受験を通して多くのことを学び成長することができるはずです。何事にも恐れずに自分の限界と戦い抜いてください。私たちは全力でみなさんのサポートをしていきます。一緒に第一志望校合格を目指して頑張りましょう!!
増森 小遥 さん 東京理科大学 薬学部
私立江戸川女子高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール金町校 OG
増森 小遥 さん 東京理科大学 薬学部
担任助手として一言
大学受験は自分自身が成長できる大きなチャンスです。受験は長く、辛いものだとは思いますが、私は受験勉強を通して第一志望校に合格すること以上にいい経験をすることができました。受験を通して得た経験は一生自分の人生において活きます。私自身、受験生の間はたくさん悩み、苦しみましたが、東進の方々や家族や友人などの周りの人に助けてもらうことで乗り越えることができました。困ったとき、辛いときはいつでも私たちに相談してください!一緒に頑張りましょう!
林 和輝 くん 東京学芸大学 教育学部
私立専修大学松戸高校 卒 卓球部 東進ハイスクール金町校 OB
林 和輝 くん 東京学芸大学 教育学部
担任助手として一言
僕は大学受験とは自分自身を成長させることのできる最高の機会だと考えています。つらくて苦しい時に、その状況を打破するために悩みながらも自ら考え、前に進むことは自己成長において大きな一歩になります。苦しみながらもがんばり続けた経験は生きていく上で自分をより良い方向へ導いてくれると考えています。僕が苦しい時に支えてもらっていたようにこれからは僕がみなさんを全力で支えていきます!最後まで一緒に頑張っていきましょう!

→もっと見る

大森 沙愛弥 さん 青山学院大学 法学部
都立本所高校 卒 東進ハイスクール金町校 OG
大森 沙愛弥 さん 青山学院大学 法学部
担任助手として一言
大学受験とは自分を成長させるための最高の機会だと思います。長期間なので辛い事もあると思います。周りと比べてしまう事もあると思います。ですが受験は自分との戦いです。私自身も辛く辞めたくなる時期もありましたが東進の仲間や担任助手の方々、家族のお陰で最後までやり遂げる事ができました。私を支えてくださった人たちのように私も最後まで生徒のみなさんを全力でサポートしていきます!私たちと一緒に受験を乗り越えていきましょう!
二階堂 裕次郎 くん 千葉大学 法政経学部
都立竹早高校 卒 水泳部 東進ハイスクール金町校 OB
二階堂 裕次郎 くん 千葉大学 法政経学部
担任助手として一言
受験勉強はとても長くて辛く嫌になることがたくさんありました。この感情は多分全国の受験生ほとんどが抱えている感情であると思います。このような感情を経験した受験の先輩である自分が生徒に教えられることはたくさんあると思います。自分の経験を積極的に生徒に話していきたいです。また、生徒に悩みを打ち明けてもらえるような担任助手になりたいです。悩みを打ち明けてもらえる存在になることは社会に出ても大きなアドバンテージになると思うので是非そういう存在になりたいです。
江尻 佑 くん 明治大学 理工学部
都立上野高校 卒 ハンドボール部 東進ハイスクール金町校 OB
江尻 佑 くん 明治大学 理工学部
担任助手として一言
大学受験は自分が成長するチャンスです。私は今まで何に対しても中途半端で、全力で努力したことがありませんでした。しかし、東進にきて担任助手のみなさんに励まされ、はじめて本気で受験勉強に取り組み最後までやりきることができました。受験勉強を最後までやりきらないことはとてももったいないです。もし途中で頑張れなくなったら担任助手に頼ってください。私たちが精一杯サポートします。一緒に受験を乗り越えましょう。
佐原 花菜 さん 青山学院大学 経営学部
私立國學院高校 卒 東進ハイスクール金町校 OG
佐原 花菜 
さん 青山学院大学 経営学部
担任助手として一言
大学受験はひたすら自分と戦い、向き合い、そして自分を成長させるものです。人生で最も努力する時期と言っても過言ではないと思います。確かに受験勉強は辛くて苦しいものです。私自身受験生の頃、成績が伸び悩んで何度も挫折しそうになりました。その度に私の支えとなっていたのは東進の担任助手の方々でした。次は私が皆さんを全力でサポートします!自分の努力次第で未来はいくらでも変えることができます。第一志望校合格に向けて一緒に頑張りましょう!!
森田 葵 くん 東京理科大学 工学部
都立白鴎高校 卒 水泳部 東進ハイスクール金町校 OB
森田 葵 
くん 東京理科大学 工学部
担任助手として一言
受験について良い印象を持っている人は少ないかもしれませんが、大学受験には楽しいと思えることがあります!勉強していくうちにできることが増えていく喜び、周りの仲間との競争などがあります。私も自分一人ではできないようなことに対して担任助手の方々や同じ大学受験をしている仲間に多く助けられました。どんなに小さなことでも受験を通して新たな発見をしてもらい、受験生全員が大学受験をしてよかったと思えるように精一杯サポートしていきます!最後まで一緒に頑張りましょう!
和田 優菜 さん 千葉県立保健医療大学 健康科学部
都立小松川高校 卒 バドミントン部 東進ハイスクール金町校 OG
和田 優菜 さん 千葉県立保健医療大学 健康科学部
担任助手として一言
受験勉強はとても辛く、苦しいものだと思います。成績が思うように上がらない、合格するかどうか不安で焦る、というのは誰もが通る道です。そんな時の打開策に、これをやれば一気に得点アップ!といった魔法の勉強法は無く、自分が頑張り続けるしかありません。困ったことや不安なことがあれば、私たち担任助手に相談してください。今の勉強法を見直し、コーチングをし生徒の皆さんが最大限の努力を続けるサポートができたらと思います。第一志望校合格に向けて一緒に頑張りましょう!!
八頭司 賢 くん 法政大学 経営学部
都立上野高校 卒 野球部 東進ハイスクール金町校 OB
八頭司 賢 くん 法政大学 経営学部
担任助手として一言
大学受験は他の人よりも高い点数を取る事で合格を掴み取ることができますが、そのためにはまず自分に勝たなくてはなりません。人として成長する時期にもなると思います。これから成績が伸び悩み、辛い期間が来るかもしれないですが、そこから逃げないで欲しいと思います。もしも逃げ出したくなったら私たち担任助手に何でも相談してください。全力でサポートします。自分に勝つことはもちろん大切ですが、1人ではないことを忘れないでください。共に頑張りましょう。
岡村 侑也 くん 日本大学 法学部
都立上野高校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール金町校 OB
岡村 侑也 くん 日本大学 法学部
担任助手として一言
大学受験は、自分との戦いであり、自分を高められる最高の機会だと思います。僕が東進に入った当初は、英単語帳の最初の単語の意味も答えられず、模試の成績も散々な結果だったことを覚えています。それでも、担任助手の方々は僕が第一志望校に受かることを信じてくれて、辛いときや、悩んだ時も、優しく接してくれました。それがどれだけ僕の支えになったかは、言葉では言い尽くせません。だから、今度は僕が担任助手として、生徒のみなさんを全力でサポートします。何か困ったことがあったら気軽に相談して下さい!
武田 優真 くん 明治大学 文学部
私立専修大学松戸高等学校 卒 軽音部 東進ハイスクール金町校 OB
武田 優真 くん 明治大学 文学部
担任助手として一言
大学受験は、一生涯のうちの中間目標であり通過点にすぎません。しかし、何かを成し遂げるという点においてこれ程良い機会は無いと思います。楽をしようと思えばいくらでも楽を出来、妥協しようと思えばいくらでも妥協できます。みなさんの将来を自己実現させる為にも、受験を戦い抜いた私たちスタッフたちと一緒に頑張りましょう!みなさんを春に笑顔でおくりだせるように、精一杯サポートします。
荒瀬 未優 さん 日本女子大学 文学部
都立上野高校 卒 テニス部 東進ハイスクール金町校 OG
荒瀬 未優 さん 日本女子大学 文学部
担任助手として一言
受験というのは自分の夢に一歩近づくことができるものです!しかし受験は簡単なものではありません。模試の成績がうまく上がらなかったり、本番が近づくにつれて不安になることもあると思います。そんな時に私たち担任助手を頼って欲しいです。志望校合格のために全力でサポートさせていただくので、最後まで一緒に頑張りましょう!
山田 凌太郎 くん 明治大学 商学部
都立小松川高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール金町校 OB
山田 凌太郎 くん 明治大学 商学部
担任助手として一言
大学受験は人生において一番努力できる機会であり、その分得られることも多いです。その中でも1番は、最後まで第一志望校合格に向けて努力したという経験です。その経験は大学生や社会人になっても努力したい場面で役に立ちます。そのため、皆さんには「最後まで結果についてこだわり抜く」ということを大切にしてほしいです。そうすれば必ず、その先に素晴らしい未来が待っています!僕も皆さんが第一志望校合格するよう日々全力でサポートしていきます。一緒に頑張っていきましょう!
天野 祥汰 くん 東京理科大学 工学部
都立小松川高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール金町校 OB
天野 祥汰 くん 東京理科大学 工学部
担任助手として一言
大学受験は自分との戦いであり、自分を成長 させる場でもあります。もちろん第1志望の 大学に合格するために勉強することでの成長もありますが、私は大学受験を通して、私が全力で努力できるように支えてくれる家族や東進の担任助手の方々の存在に常に感謝して取り組めたことが成功の要因であり、1番成長 できたところだと感じています。みなさんも 悩むこと、辛いことが受験勉強を通してたくさんあると思いますが、そんなときは私たち担任助手を頼ってください。一緒に頑張りましょう!
岩崎 華士 くん 立教大学 コミュニティ福祉
専修大学松戸高等学校 卒 陸上部 東進ハイスクール金町校 OB
岩崎 華士 くん 立教大学 コミュニティ福祉
担任助手として一言
大学受験を通して得られるものは合格だけではないと私は思っています。自分は特に一つの明確な目標に向かって最後までやり抜くことの重要性に気付かされました。自分は何のために大学へ行くのかといったことを考えながら目標を定め、達成していくという行為は受験を終えた後にも大きく関わっていくと思います。大学受験は苦しいこともたくさんあると思いますが、結果として得られるものは今後の人生における大きな糧となるはずです。皆さんの受験が後悔のない満足した結果を得られるように私も全力でサポートしていきます。これからよろしくお願いします!
日向野 健 くん 芝浦工業大学 工学部
東京成徳大学高校 卒 卓球部 東進ハイスクール金町校 OB
日向野 健 くん 芝浦工業大学 工学部
担任助手として一言
受験は自分の限界に挑戦できる絶好の機会です。高校までの生涯で限界に挑戦したことはありますか。僕自身、受験するまでは限界に挑戦した事なかったですし、挑戦しないで限界を決めていました。しかし、他の東進生の勉強している姿勢、担任助手の熱意のある指導、サポートによって限界の天井を上げることができ、第一志望校合格することができました。皆さんも僕たち担任助手、東進の仲間と一緒に限界に挑戦し、満足して終われる大学受験にしましょう!

校舎イベント紹介

特別公開授業

特別公開授業

年に2〜3回行なわれる「特別公開授業」は、普段画面上でしか目にしない講師の先生と生徒とが直接触れ合えるまたとない機会です。授業内容もさることながら、普段のt-POD授業では聴けないモチベーションを高められるような話が聴けたり、その時期ごとに必要な学習内容を具体的に分かりやすく説明してくれたりします。「自分たちのイベントは自分たちで創る」を合言葉に、特別公開授業前は生徒たちが実行委員会を結成し、スタッフのサポートのもと、準備から運営までを生徒たちが主体となって実施します。「受け身」のイベントではない、生徒の協調性と自主性を伸ばす東進らしいイベントの1つです。

塾内合宿

塾内合宿

普段の授業はt-PODによる個別学習ですが、年に数回、学年の垣根を超えて集団で学習する「塾内合宿」を行ない、非常に長い時間を通して勉強をします。この塾内合宿では、共に競い合うライバルや励まし合う仲間を見つけることも出来ますし、合宿内で行なうディスカッションは、参加した生徒にとって今勉強していることの本質を探る絶好の機会にもなっています。この塾内合宿を通じて、「受験勉強は自分ひとりでするものではないし、自分ひとりのためにするものでもない」ということを多くの生徒が実感しています。生徒同士、スタッフと生徒の距離がぐっと縮まるイベントです。

※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。

勉強法説明会

勉強法説明会

限られた勉強時間は有効に使いたいもの。そんな生徒の願いをかなえるために開催するのが勉強法説明会です。主に長期休暇前や学年の切り替わりの時期に行う説明会ですが、今の自分の苦手分野や必要な勉強がわかります。自分の志望大学に向けてどれくらい勉強すればいいのかを再確認し、目標に向けて気持ちを固めることが出来るイベントです。これから何を、どのくらい勉強したらよいかを知りスタートを切ることで、自分の実力を着実にアップすることが出来ます。