校舎の様子 | 東進ハイスクール金町校|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール金町校 校舎長 大本 鷹志

こんにちは。東進ハイスクール金町校 校舎長の大本鷹志(オオモト タカシ)です。東進ハイスクール金町校では「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」この教育理念のもと、大学受験を通じて人間形成をしていく場であると考えています。自分自身で限界を決めずに愛情をもって厳しく全力で日々指導する、そんな頼りがいのあるスタッフが金町校には多くいます。高校生、中学生時代の努力が必ず将来に活かされます。そんな大事な今をぜひ金町校で最後までやり抜き、本気になって第一志望校合格を勝ち取りましょう。そして合格だけでなく、一人の大きな人間として成長し、自立してほしいと思います。皆様からのお問い合わせ心よりお待ちしております。

東進ハイスクール金町校は人情溢れる下町にあり、人と人との「繋がり」を大切にしている校舎です。校舎スタッフと生徒との距離が近く、周りのライバルや仲間の存在を常に生徒に意識させながら、熱心で誠意ある指導を行っています。さまざまな部門のランキングを作成し、校舎内に掲示したりして、スタッフと生徒とのコミュニケーションが取りやすくなるよう心がけています。部活生も多く、練習の後でも校舎に来て閉館時間まで机に向かって集中している生徒の姿が多く見られます。スタッフ・生徒が1つのチームとなって、志望校に向かって進んでいく校舎です。

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

田村 嘉朗 くん 東京大学 薬学部
東京成徳大学高校 卒 水泳部 東進ハイスクール金町校 OB
田村 嘉朗 くん 東京大学 薬学部
担任助手として一言
大学受験とは将来の自己実現のための当面の目的であり、通過点にすぎません。しかしながら目標達成のために計画を立て、時にそれを修正しながら直向きに努力することは何かを成し遂げる上でとても大切なことです。この一連のPDCAサイクルの完成度が試されるのが受験という場であります。みなさんにはこの機会を活かして志望校合格のほかにこれらの実践的な力を身につけ、辛いことや嬉しいことをあれこれと経験し、人間的にも成長していってほしいと思っています。
戸田 依沙 さん 慶應義塾大学 経済学部
私立頌栄女子学院高等学校 卒 卓球部 東進ハイスクール金町校 OG
戸田 依沙 さん 慶應義塾大学 経済学部
担任助手として一言
大学受験は他の誰でもない、自分との戦いです。 楽をしようと思えばとことん楽な方に流れていってしまいます。逆に、第1志望への強い志と努力を惜しまない姿勢をもって勉強に取り組めば必ず第1志望校に合格できます!そうは言っても誰しもが辛い思いを経験すると思います。私自身受験勉強中、何度も挫折しそうになり、その度に東進のスタッフの皆さんに励ましてもらいました。今度は私が皆さんが全力で努力出来るよう精一杯サポートします!!一緒に頑張りましょう!!
二階堂 裕次郎 くん 千葉大学 法政経学部
都立竹早高校 卒 水泳部 東進ハイスクール金町校 OB
二階堂 裕次郎 くん 千葉大学 法政経学部
担任助手として一言
受験勉強はとても長くて辛く嫌になることがたくさんありました。この感情は多分全国の受験生ほとんどが抱えている感情であると思います。このような感情を経験した受験の先輩である自分が生徒に教えられることはたくさんあると思います。自分の経験を積極的に生徒に話していきたいです。また、生徒に悩みを打ち明けてもらえるような担任助手になりたいです。悩みを打ち明けてもらえる存在になることは社会に出ても大きなアドバンテージになると思うので是非そういう存在になりたいです。

→もっと見る

天野 祥汰 くん 東京理科大学 工学部
都立小松川高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール金町校 OB
天野 祥汰 くん 東京理科大学 工学部
担任助手として一言
大学受験は自分との戦いであり、自分を成長 させる場でもあります。もちろん第1志望の 大学に合格するために勉強することでの成長もありますが、私は大学受験を通して、私が全力で努力できるように支えてくれる家族や東進の担任助手の方々の存在に常に感謝して取り組めたことが成功の要因であり、1番成長 できたところだと感じています。みなさんも 悩むこと、辛いことが受験勉強を通してたくさんあると思いますが、そんなときは私たち担任助手を頼ってください。一緒に頑張りましょう!
荒瀬 未優 さん 日本女子大学 文学部
都立上野高校 卒 テニス部 東進ハイスクール金町校 OG
荒瀬 未優 さん 日本女子大学 文学部
担任助手として一言
大学受験は自分自身を成長させる大きなチャンスです!私は模試の成績がうまく伸びず途中で受験を諦めてしまいそうになることが何度もありました。そんなつらい受験生活を支えてくださったのは担任助手の方々です!いつも笑顔で励ましてもらいました。そのため最後まで諦めずに全力を出し切ることができ、そして自分の夢に近づく大学に進学することができました!みなさんが辛くなったときは私が全力でサポートしていきます!勉強のことや学校のこと、なんでも気軽に話しかけてください!一緒に大学受験を乗り越えましょう!
武田 優真 くん 明治大学 文学部
私立専修大学松戸高等学校 卒 軽音部 東進ハイスクール金町校 OB
武田 優真 くん 明治大学 文学部
担任助手として一言
勉強面だけでなく、忍耐力や思考力など生きる上で必要となるスキルを学ぶことが出来るのが受験だと思います。ただ、受験期にはそのようなことを考える余裕などなく、終わったあとにもっとこうすれば良かったなどの後悔は少なからず付くものだと思います。その後悔を最小限にするためにも皆さんには思考に思考を重ねて一瞬一瞬を有意義なものに変える努力をし、その瞬間を楽しんでもらいたいです。私たち担任助手は、皆さんに一生を通じて最も成長出来た期間だと思ってもらえるよう精一杯サポートします。最後まで一緒に頑張りましょう!!
和田 優菜 さん 千葉県立保健医療大学 健康科学部
都立小松川高校 卒 バドミントン部 東進ハイスクール金町校 OG
和田 優菜 さん 千葉県立保健医療大学 健康科学部
担任助手として一言
受験勉強はとても辛く、苦しいものだと思います。成績が思うように上がらない、合格するかどうか不安で焦る、というのは誰もが通る道です。そんな時の打開策に、これをやれば一気に得点アップ!といった魔法の勉強法は無く、自分が頑張り続けるしかありません。困ったことや不安なことがあれば、私たち担任助手に相談してください。今の勉強法を見直し、コーチングをし生徒の皆さんが最大限の努力を続けるサポートができたらと思います。第一志望校合格に向けて一緒に頑張りましょう!!
八頭司 賢 くん 法政大学 経営学部
都立上野高校 卒 野球部 東進ハイスクール金町校 OB
八頭司 賢 くん 法政大学 経営学部
担任助手として一言
大学受験は他の人よりも高い点数を取る事で合格を掴み取ることができますが、そのためにはまず自分に勝たなくてはなりません。人として成長する時期にもなると思います。これから成績が伸び悩み、辛い期間が来るかもしれないですが、そこから逃げないで欲しいと思います。もしも逃げ出したくなったら私たち担任助手に何でも相談してください。全力でサポートします。自分に勝つことはもちろん大切ですが、1人ではないことを忘れないでください。共に頑張りましょう。
岩崎 華士 くん 立教大学 コミュニティ福祉
専修大学松戸高等学校 卒 陸上部 東進ハイスクール金町校 OB
岩崎 華士 くん 立教大学 コミュニティ福祉
担任助手として一言
大学受験を通して得られるものは合格だけではないと私は思っています。自分は特に一つの明確な目標に向かって最後までやり抜くことの重要性に気付かされました。自分は何のために大学へ行くのかといったことを考えながら目標を定め、達成していくという行為は受験を終えた後にも大きく関わっていくと思います。大学受験は苦しいこともたくさんあると思いますが、結果として得られるものは今後の人生における大きな糧となるはずです。皆さんの受験が後悔のない満足した結果を得られるように私も全力でサポートしていきます。これからよろしくお願いします!
遠藤 大輔 くん 東洋大学 経済学部
東京成徳大学高校 卒 陸上部 東進ハイスクール金町校 OB
遠藤 大輔 くん 東洋大学 経済学部
担任助手として一言
僕は当初、東進にあまり行きたくありませんでした。それまで勉強習慣がなく、1日ずっと勉強というのが出来ませんでした。しかし、東進の担任助手の皆さんの指導のおかげでだんだんと勉強に対するモチベーションが上がり、東進に行って勉強をし担任助手の人たちにモチベートしてもらうという事が楽しくなってきました。そして受験が終わり、今度は僕が生徒の皆さんを支えたいと思います。受験は苦しいものですが、精一杯サポートするので一緒に頑張っていきましょう!
小島 向日葵 さん 東京農業大学 応用生物科学部
私立専修大学松戸高等学校 卒 吹奏楽部 東進ハイスクール金町校 OG
小島 向日葵 さん 東京農業大学 応用生物科学部
担任助手として一言
受験勉強とは辛く厳しいものだと思われがちです。しかし、本来受験勉強とは自分の未来を切り開くための道を作っていく希望に満ちあふれたワクワクする行為です。やらされている勉強や仕方なく取り組んでいる勉強ではもったいないです。皆さんが希望を持って受験勉強に励み、その対価として皆さんの希望する将来に最も適した大学に合格することができるよう全力でサポートさせていただきます。是非、私たちと一緒に東進ハイスクールで頑張りましょう!
山田 凌太郎 くん 明治大学 商学部
都立小松川高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール金町校 OB
山田 凌太郎 くん 明治大学 商学部
担任助手として一言
受験は人生において一番努力する機会だと思います。ですので、その分得られることも多いです。1番は最後まで第一志望校合格に向けて努力したという経験です。その経験は大学生や社会人になっても努力したい場面でに役に立ちます。皆さんには、最後まで結果にこだわり抜いてほしいと思います。その先にはきっと素晴らしい未来が待っています!僕自身も皆さんが第一志望校合格するよう日々サポートしていきます。一緒に頑張っていきましょう!
林 和輝 くん 東京学芸大学 教育学部
私立専修大学松戸高校 卒 卓球部 東進ハイスクール金町校 OB
林 和輝 くん 東京学芸大学 教育学部
担任助手として一言
僕は大学受験とは自分自身を成長させることのできる最高の機会だと考えています。つらくて苦しい時に、その状況を打破するために悩みながらも自ら考え、前に進むことは自己成長において大きな一歩になります。苦しみながらもがんばり続けた経験は生きていく上で自分をより良い方向へ導いてくれると考えています。僕が苦しい時に支えてもらっていたようにこれからは僕がみなさんを全力で支えていきます!最後まで一緒に頑張っていきましょう!
髙橋 さくら さん 立教大学 文学部
都立豊島高校 卒 帰宅部 東進ハイスクール金町校 OG
髙橋 さくら さん 立教大学 文学部
担任助手として一言
大学受験の勉強においては頭の良し悪しよりも、いつ始めるかがとても重要です。今まで満足に頑張れていなかったと感じている人も、それに気付いた今この瞬間から第一志望校合格に向けてスタートを切りましょう!大学受験に向けて必死に勉強することは、受験を乗り越えた先の自分自身にも必ず活きます。私たち担任助手は生徒一人一人が自分で考え、実行し、何段階も成長したうえで第一志望校に合格してほしいと思っています。そのために渡したちも精一杯サポートするのでよろしくお願いします!
髙橋 龍也 くん 法政大学 経済学部
都立江戸川高校 卒 野球部 東進ハイスクール金町校 OB
髙橋 龍也 くん 法政大学 経済学部
担任助手として一言
受験は自分との勝負です。自分に甘え、努力をしなければ自分の実力は伸びません。しかしながら、勉強は努力をすればするだけ力は必ずついてきます。全く実力が伸びないことはありません。また、受験までまだ時間があると思う人もいるのではないでしょうか?しかし、私自身の経験から時間の余裕はないと思っています。あっという間に時間は過ぎてしまいます。一日一日を大切に勉強に取り組みましょう。そのため、私は第一志望に何としても合格したいという方を全力でサポートしていきます。一緒に頑張りましょう!!
砂子 寛幸 くん 慶應義塾大学 商学部
都立日比谷高校 卒 バスケ部 東進ハイスクール金町校 OB
砂子 寛幸 くん 慶應義塾大学 商学部
担任助手として一言
大学受験は人生を左右するとても大きなタイミングです。それと同時に、自分自身を成長させることのできる機会です。全力でやっても結果が出ないこともあるかと思いますが、最後の最後には成果が出ます。最後の最後まであきらめずにやることがとても重要です。せっかく東進ハイスクール金町校に来てくださった皆さんには絶対に第一志望校に受かってもらいたいと思うので、僕たち担任助手も精一杯サポートしますので、全力で頑張りましょう!!
日向野 健 くん 芝浦工業大学 工学部
東京成徳大学高校 卒 卓球部 東進ハイスクール金町校 OB
日向野 健 くん 芝浦工業大学 工学部
担任助手として一言
受験は自分の限界に挑戦できる絶好の機会です。高校までの生涯で限界に挑戦したことはありますか。僕自身、受験するまでは限界に挑戦した事なかったですし、挑戦しないで限界を決めていました。しかし、他の東進生の勉強している姿勢、担任助手の熱意のある指導、サポートによって限界の天井を上げることができ、第一志望校合格することができました。皆さんも僕たち担任助手、東進の仲間と一緒に限界に挑戦し、満足して終われる大学受験にしましょう!
崔 広輝 くん 一橋大学 商学部
都立白鷗高等学校 卒 バスケ部 東進ハイスクール金町校 OB
崔 広輝 くん 一橋大学 商学部
担任助手として一言
大学受験本番まで皆さんに残されている時間は等しく均一です。時に、大学受験はその後の人生を左右すると言っても過言ではない大きなターニングポイントです。自分の努力次第で、その後を如何様にも変えることができます。高校で学ぶ範囲に才能もなにもありません。ここまで整えられている挑戦の場をどう使うかは自分次第です。1年後、ひいては10年後、20年後に笑顔でいられるよう、受験本番まで全力で頑張るしかないです!私たち担任助手が精一杯のサポートをします!一緒に頑張りましょう!
東 照之 くん 学習院大学 文学部
都立三田高校 卒 バレーボール部 東進ハイスクール金町校 OB
東 照之 くん 学習院大学 文学部
担任助手として一言
大学受験が苦しくて辛いものという結果で終わらない為には、自分の満足いく結果を出すことが重要です。中途半端な努力の果てには様々な妥協と後悔が残るでしょう。しかし、自分を信じて考えて努力をした先には、圧倒的な達成感と成長があります。また、受験を通じて培う力は必ず今後の皆さんが活躍するための下地になります。我々担任助手は、皆さんと近い立場で受験をしてきた経験を活かし、第一志望校合格に向けて後悔しないように最大限努力します。ぜひ一緒に頑張りましょう!

校舎イベント紹介

特別公開授業

特別公開授業

年に2〜3回行なわれる「特別公開授業」は、普段画面上でしか目にしない講師の先生と生徒とが直接触れ合えるまたとない機会です。授業内容もさることながら、普段のt-POD授業では聴けないモチベーションを高められるような話が聴けたり、その時期ごとに必要な学習内容を具体的に分かりやすく説明してくれたりします。「自分たちのイベントは自分たちで創る」を合言葉に、特別公開授業前は生徒たちが実行委員会を結成し、スタッフのサポートのもと、準備から運営までを生徒たちが主体となって実施します。「受け身」のイベントではない、生徒の協調性と自主性を伸ばす東進らしいイベントの1つです。

塾内合宿

塾内合宿

普段の授業はt-PODによる個別学習ですが、年に数回、学年の垣根を超えて集団で学習する「塾内合宿」を行ない、非常に長い時間を通して勉強をします。この塾内合宿では、共に競い合うライバルや励まし合う仲間を見つけることも出来ますし、合宿内で行なうディスカッションは、参加した生徒にとって今勉強していることの本質を探る絶好の機会にもなっています。この塾内合宿を通じて、「受験勉強は自分ひとりでするものではないし、自分ひとりのためにするものでもない」ということを多くの生徒が実感しています。生徒同士、スタッフと生徒の距離がぐっと縮まるイベントです。

※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。

勉強法説明会

勉強法説明会

限られた勉強時間は有効に使いたいもの。そんな生徒の願いをかなえるために開催するのが勉強法説明会です。主に長期休暇前や学年の切り替わりの時期に行う説明会ですが、今の自分の苦手分野や必要な勉強がわかります。自分の志望大学に向けてどれくらい勉強すればいいのかを再確認し、目標に向けて気持ちを固めることが出来るイベントです。これから何を、どのくらい勉強したらよいかを知りスタートを切ることで、自分の実力を着実にアップすることが出来ます。