模試の復習方法 | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2019年 5月 4日 模試の復習方法

こんにちは!!崔です。

 

みなさんGWをいかがお過ごしでしょうか。遊ぶばかりでなく勉強にも手が回っていますか?

校舎が閉館していたこの3日間、どう過ごしていましたか?

時間が無い受験生にとってこのGWは、時間が確保できるとても貴重なタイミングです。

もちろん適度に楽しむことは大事ですが、目先の楽しみにとらわれ過ぎないようにしましょう。

 

さて今回は模試の復習方法について話したいと思います。

みなさん模試を受け終わったあとに、答えをちょっとだけ確認して復習したつもりになっていませんか?

模試の復習というのは、そのやり方次第でその後の成績の伸びを左右するほど大切なものです。

模試の復習をしっかりとすることで今後同じ間違いを犯すことがなくなり、応用の利いた問題に対応できる力が身に付くこともあります。

 

それでは具体的になにをするべきなのか。

まずはしっかりと自分の間違えた問題を確認し、間違えた原因を見つけましょう

知識不足なのか、うっかりミスなのか、考え方が違ったのか・・・

間違えた原因を探ることで今後自分がやるべきことがおのずと見えてきます。

そしたら次に、正解できた問題は本当に理解して正しく答えられたのかを見ます。

正解していてもそのプロセスに問題があったら本番では通用しません。

間違えた問題と同じようにどういった要因で答えられたのかを確認しましょう。

一通りの確認が済んだら解きなおしに入りましょう。

このとき答えを覚えて解いてしまう人が多くいますが、それでは力になりません。

問題を解くための考え方を身につけることが大切です。

たとえ答えがわかっていてもその答えにたどりつくプロセスを考える、もしくは書いてみる。

その積み重ねによって思考力や応用力が鍛えられます。

ぜひめんどくさがらずに実践してみてください。

 

GWものこり少なくなってきました。

残りの時間でもやれることはたくさんあります。

悔いのない一年後を迎えられるよう、いまから頑張りましょう。