時間に余裕を持つことの大切さ | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2019年 8月 17日 時間に余裕を持つことの大切さ

2日連続東です。おはようございます。

知らない人も多いと思うのですが

実は、私と砂子担任助手は中学時代、先輩後輩の関係でした!

運動会で私が応援団長をやっていた時の団員でした。

ものすごい確率ですね。

上海の日本人学校ではそこまで面識があったわけではなかったのですが

東進で会って、本当にびっくりしました。

意外に昔仲良かった人と会えたりすることもあるのが

予備校の魅力の一つかなとも思います。

もちろん一番は、勉強できる環境です!

さて、今日の話題ですが

時間に余裕を持つ大切さ」について

話していきたいと思います。

とは言っても、皆さんの中にはわざわざ言われるまでもない人もいますよね。

そこで、受験時代に時間の大切さを痛感したエピソードを紹介します。

2月の受験がいよいよ本格化した時の話です。

既に何校も試験を終え、慣れが出てきたとき

いつものように会場に赴いて、試験を受けようとしていました。

そこで気づいたのですが、受験票を家に忘れてしまったのです。

当時感じた絶望は筆舌に尽くしがたいです。

しかし、一時間ほど時間に余裕をもって家を出ていた為

母に会場まで受験票を持ってきてもらい

何とか事なきを得ました。

あの時ほど早く家を出たのを感謝した日はありません。

時間に余裕を持つことは、結果的に自分のことを助けることが多いです。

待つことが苦手な人もいると思います。

そういう人は待つ間にできる暇つぶし方法を確立すると良いです。

時間に余裕がないとは失敗は許されないです。

そうなると肩に力が入り、ベストパフォーマンスを出せないこともあります。

皆さんも是非時間に余裕のある行動を日頃から心がけてください!