夏休みの高校三年生の勉強量について | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2018年 7月 15日 夏休みの高校三年生の勉強量について

みなさん、こんにちは!
平井です!

最近は本当に暑いですね、、、
暑いからこそ早く起きて、涼しいときに勉強しちゃいましょう!

そこで、今日は
高校三年生の

夏休みの勉強量について

話したいと思います。

夏休みももうあと1週間ほどで始まる生徒も多いとは思いますが、
夏休みはどれくらい勉強しようか、

または、

どれくらい勉強しなければならないか、

考えている人はいますか?

なんでも目標と言うものがなければ、
途中で気が抜けてしまったり、
気付いたら夏休みも残りわずかなのにやるべきことが終わっていなかったり
絶対に充実した夏休みを過ごすことはできません

この東進ハイスクール金町校では
夏休み1日15時間勉強をマストとして、
天井を高めていこうとしています。

15時間、、、

想像がつきますか?

なかなか部活や学校行事で忙しく、
あまり登校することができなかった生徒は

まずはそこに慣れていかなければいけません!

ですから、
実は、
夏休み前の今、この時期は、
とても大切な期間なのです!!!

1日に5時間程しか勉強してこなかった人が、
夏休みになって急にできるものではありませんからね、、、

そんなみなさんに朗報です!

東進ハイスクール金町校は夏休み期間中は

開館7時、閉館20時30分、と、
朝学習を促進しています!

なんといったって、
早起きは三文の徳ですから、

この機会を利用して朝学習に慣れていきませんか?

もちろん、
低学年の生徒もお待ちしております!!

1日15時間勉強×40日間=600時間

こう見ると多いかもしれませんが、
あっという間に時は過ぎます。
光陰矢のごとし、、、

受験生はなおさら、
一分一秒にこだわって、
夏休み終わりには大きく成長しましょう!

低学年も周りの友達に差をつけられるチャンスですよ!

さあ!
夏休みからではなく、
今から!
勉強時間を延ばしていきましょう!

以上、平井からでした!