夏休みの過ごし方(大野編) | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2019年 8月 3日 夏休みの過ごし方(大野編)

こんにちは、担任助手の大野です!

もう夏ですね!!僕は早くも夏バテしてしまいました。。。

受験生の方は特に冷房の効いた部屋で過ごすことが多いと思うので、ぜひ気をつけてください!

本日は、大野が学生時代の夏休みの過ごし方についてお話します。高校1,2年生では、ダンス部に所属していて、夏休みは週5で午前9時から午後4時まで活動していました。夏休み明けの文化祭に向けて活動の後も、帰ってから自主練をしていたので、家に帰る頃には体力が残っていませんでした。なのでスキマ時間を上手く使えるように意識していました。高校までは、バスと電車を使って通学していたので、その車内では、単語帳や英語の宿題を読むようにしていました。また家に帰ってからも、学校の課題を短い時間でも取り組むことで、勉強する習慣と、受験に向けた基礎を身につけられるようにしていました。時間がある土日はオープンキャンパスに参加して、モチベーションが落ちないようにしていました!

2年生までに意識していたことが、受験生になったときに、すごく役立ちました。

受験生になってからは、館時間から校舎に来て勉強することにしていました!1,2年生で意識してきた習慣のおかげで、毎日校舎に行くことができていました。

また、学校の課題などの普段の勉強から基礎を身につけていたので、センター試験の演習へスムーズに入ることが出来ました!

この夏休みは、受験生での期間だけでなく、大学生にも活きてくるので、無駄にせず、自分のためになるような最高の夏休みにできるように意識していきましょう!