参考書選びの大切さ | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2018年 12月 6日 参考書選びの大切さ

こんにちは、東です! 

本日は低学年の皆様に参考書についてのお話をします。

 

そろそろ本格的に受験を意識し始めた生徒と、

まだまだ受験なんて後の話だって思っている生徒も、

参考書はそろそろ手に入れておかなければいけません。

その理由説明します。

 

まず言うまでもなく自分のペースで勉強できることです。

学校の授業では進度が早すぎたり遅すぎたりすることがあります。

そのため、復習や予習のツールとして参考書は必要です。

 

また分からないところがあれば、

ベースとなる本が1冊あるとないのでは理解度が雲泥の差となります。

一般的に学校の教科書や塾の教材では、

受験対策には足りないと言われています。

細かい知識などを保管するには、

どうしても授業ベースで作られている教科書じゃ足りません。

 

しかし、そうはいってもどんな参考書を選べばいいか

分からない人も多いのではないでしょうか?

参考書とは受験中ずっとそばにあるものです。

選ぶときは慎重を期した方がよいでしょう

 

本屋さんでじっくりと内容を見極めたり

インターネットの口コミを調べましょう

そしてこれはと思う1冊を手に取って下さい。

その本があなたの受験支えてくれる

大切なパートナーになるでしょう。