共通テストはいつから再開すればいい? | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 11月 24日 共通テストはいつから再開すればいい?

みなさんこんにちは!

担任助手一年の渡邉です。

最近よく思っていることがあります。

「共通テストもうすぐ来るじゃん!!」

共通テストまで本日であと50日になります!

校舎にて受験生の勉強する姿を常に見ていて

自分も少し焦りを感じています。

一年間というものは本当に短いですね。

最後の追い込み。後悔のないように全力で。

頑張れ!受験生!!

さて、本日は

共通テストはいつから再開すればいい?

ということで、

いつから共通テスト対策に戻ればいいかを話していきます。

多くの受験生は共通テストの対策をはじめにやって

その次に自分の志望校の過去問演習と対策を行う。

そして、共通テストに近づいてきたら

共通テスト対策に戻る。

という大雑把な勉強の流れは抑えられていると思います。

ですが、具体的にいつ頃に戻ればいいのかわからない方

が多いのではないでしょうか!

では、具体的にいつやればいいのでしょうか。

これを僕が一言で答えるとすれば、

「わからない!」だと思います。

なぜなら、

1人1人で共通テスト対策に

戻るべきタイミングが異なる

からです。

共通テスト対策に戻るタイミングを決定づける要素は以下の通りです。

  1. 共通テストの普段の得点
  2. 国立の志望校における共通テストの圧縮割合
  3. 出願する私立の大学で共通テストを用いるか否か

そもそも共通テストと国立の二次試験・私大入試を比べれば、

共通テストのほうが難易度が低い

傾向があります。

共通テストに自信があるのであれば、戻るタイミングは

遅くてもかまいませんし、

逆に共通テストの成績が悪いのであれば、

早めに戻ってしっかり対策を行う

必要性もあります。

それから、

共通テストを利用する入試をどのくらい出願するのか。

も大きな要素になっていきます。

これらの理由から、全員に共通して

〇〇日前から対策しよう!などとは言えないのです。

ただ、最後に一つ

ギリギリまで二次・私大対策をやり切る

これは徹底してほしいところです。

先ほど話したように多くの大学の過去問と比べると

共通テストのほうが難易度が低いことが多いです。

要するに多くの時間を充てるべきなのは

国立二次試験・私立大学対策なのです。

くれぐれも不安だからという理由だけで

すぐに共通テスト対策にもどらないようにしましょう!

今日はこれでおしまいです!

それでは!