併願校の決め方 | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2018年 9月 6日 併願校の決め方

こんにちは、竹内です。

台風が過ぎてかなり暑い日でしたね。

さて、受験も前半部分が終わり、今後は二次私大の対策を始めていかなければなりません。

そのためには自分が受験する学校を決めなければ、対策をすることが出来ません。

みなさん第一志望校は決まっているかと思いますが、実は併願校が決まっていないという人もいるのではないでしょうか?

併願校は第一志望校よりも決めづらいので、今日は併願校の決め方をお話ししたいと思います。

まず3つのグループに分けて受験校を振り分けます。

➀挑戦校

現段階で自分の実力より少し背伸びをしたレベルの大学です。

もちろん第一志望校はここに含まれます。

②最適校

自分の実力相応だと考える大学です。

ここは自分の希望が入ってしまって挑戦校と勘違いしやすいので、客観的に自分の実力を見極めて決めるようにしましょう。

③安全校

今までの模試でA判定などをとっているような大学です。

ここなら合格できると見込んでいる学校、最低でもここまでには受かりたいと思う学校を設定してください。

安全校も最適校と同じように自分の学力を客観的に判断して決める必要があります。

特にここの設定を間違えると受験直前期に受験校を増やしたり、対策が大変になります。

 

以上の3つに分けると決めやすいです。

受験校決定は自分の勉強の指標を決めるためにも非常に重要です。

第一志望校だけでなく併願校も今の時期に決めてしまいましょう!