上手な計画の立て方 | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 12月 19日 上手な計画の立て方

こんにちは!

担任助手3年の山田凌太郎です!

最近は、大学のゼミ発表がありました。

企業の方を前に発表をしたのですが、非常に緊張しました。

 

さて、今回のテーマは「上手な計画の立て方」です!

これは難しいですね。

内部生は、毎週予定シートというものを書いていますが、

実行率は100%でしょうか??

 

なかなか毎週実行率100%です!!という人は

少ないと思います。

そんな皆さんに向けて、私なりに重要だと思うことを伝えるので、

ぜひ参考にしてもらえれば嬉しいです。

 

1つ目は、

「1つ1つの学習を数字で表すこと」です。

例えば、この問題集を1時間やる

と書くのではなく、

この問題集を1時間で10ページやる

と書くようにします。

そうすることで、どのくらい進めるのか目標が明確になり

効率が上がります。(締切効果より)

 

2つ目は、

「それぞれの学習にかかった時間を計測すること」です。

計画段階では、少し現実とはずれた時間感覚で

書いてしまうことがあります。

実際にかかった時間をタイマーで測ることで

それぞれの学習にどのくらいの時間がかかるか把握できます。

自分が見積もった時間と

ずれがあったら次回の予定を書く時に活かします。

 

例えば、先週、問題集を1ページ解いた時に5分かかった場合、

15ページやる計画を立てると75分かかると分かります。

今週予定を立てるときは、その情報をもとに

正確な計画を立てるのです。

 

まだまだ、計画を立てるときに気を付けることがあります。

悩んでいたら、インターネットでもいいので調べてみてください!