センター過去問を今やる意義とは? | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2019年 6月 19日 センター過去問を今やる意義とは?

こんにちは。小林 楠です。

最近は昼と夜の気温差が激しすぎて

若干風邪を引き気味です(笑)

 

皆さんも体調管理には気を付けてください

 

さて今回は、センター過去問について

話していきたいと思います。

 

皆さんはセンター過去問やっていますか?

本試験も手をつけられてる人、

大門別を中心に頑張っている人

然手を付けられてない人がいると思います

 

既にふれている人はどんどんペースを上げて

少しでも多くの演習量を確保しましょう!

まだ手を付けていない人は今日にでも大問別から始めましょう!

 

ではなぜ今センター過去問をやらなければいけないのでしょうか?

 

大学受験を経験した先輩からメリットを紹介します!

 

メリットその1:センター過去問の対策が簡単出来る

もちろんですがセンター過去問の対策ができます(笑)

 

模試を経験した皆さんはわかるとは思いますが、

センター試験は形式が全く変わりません。

例えば、英語の大問1は発音、アクセント、大問5,6は長文読解など

問題内容は変わっても形式やその順番は絶対変わりません。

 

つまり、1度解き方や時間配分を確立してしまえば

あとは正答率を上げるだけです

正答率は大問別などで集中的に

対策していくことが重要になってきます!

 

そこでメリットその2:基礎知識の定着につながる

センター試験の難易度は知っていますか?

センター試験の難易度は教科書レベルです。

教科書レベル=基礎・基本です。

つまり、センター試験の対策及び演習を極めることは、

基礎基本を極めることと同義です。

これは2次私大の過去問演習を解くうえで非常に重要になってきます。

今のうちに基礎基本を固めるためにも

センター過去問は進めていきましょう

 

センター過去問は使い方によっていろいろなメリットがあります。

生かす殺すも自分次第です。

せっかくなら生かしきってセンターの点数を爆上げしましょう!