2月 | 2018 | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ 2018年02月の記事一覧

2018年 2月 28日 2月を振り返って

皆さん、こんにちは。もう明日から3月ですね。時の流れは早いですね。

時間は大切に使いましょうね!

さて、本日は2月の自分の学習を振り返ってみましょう!

皆さん、2月の自分の学習量や学習の質には満足していますか?

満足していない人は勿論ですが、満足している人ももっとこう勉強すればよかったと思う点は

あると思います。この新学年になる前の2か月間が周りに差をつけるチャンスです。

受験生になると誰でも低学年よりも勉強し、成績を上げてきます。

周りが受験勉強を始めるのと同時に勉強をスタートするのでは周りの人と差をつけることが

難しくなります。この新学年にになる前の2ヶ月間で自分の苦手な分野を分析、復習し克服しましょう!

春から高校1,2年生になる人は、受験なんてまだまだ先のことだからと思わずに、

3年生になって焦って学習しだすことがない様、今から受験生に向けての土台作りをしましょう!

低学年のうちは、部活に学校のイベントが忙しいと思います。

また、低学年のうちに友達とたくさん遊びたいとも思いますよね!

私も低学年の時はそう思っていましたし、実際すごく遊んでいました。

しかし、受験生になったときに1日に少しでもいいから毎日学習時間をつくるべきだったととても後悔しました。

気づいた時には、時すでに遅しで私は第1志望の大学に受かることが出来ませんでした。

皆さんはまだ実感がわかないとは思いますが、受験が終わって不合格だったときは

あの時もっとこうすればよかった…と後悔するものです。皆さんにはそんな思いして欲しくありません!

今月の自分の学習を振り返って改善すべき点があったら、明日からではなく今日から行動していきましょう!

 

 

 

 

 

 

2018年 2月 27日 志望校が決まっていないみなさんへ

こんにちは、氏原裕貴です。

国公立志望の受験生、前期二次試験お疲れ様です。

今新高校2・3年生で国公立志望の人は本番まであと1年となりました。長いようで短い1年間を質の良いものにしていきましょう。

さて、今日は「志望校が決まっていないみなさんへ」とあるように、志望校に話したいと思います。

このブログで志望校について過去に3回ほど話しているので同じ事を言うかもしれませんが、気が向いたら見てください。

 

志望校を決めることの大切さは何回も言ってきたのでここでは割愛し、今回は志望校の決め方にフォーカスします。

志望校を決めるのってなかなかできない人もいるかと思います。

「将来何をやりたいかわからない」 「特に興味を持つものがない」 とかいろいろですね・・・・。

でも、そう思っている人たちに聞いてみたいのが、

「今まで真剣に自分の将来について考えてきましたか?」ということです。

「面倒だから自分の将来のことについて考えてこなかった」 なんて人もいると思います。

しかし、大学はスペシャリストを育てる場です。専門性が高くなります。

なので、あまり考えずに志望校を決めて入った後、大学で自分のやりたいことと違うことに気づいて大学を中退する。なんてことも・・・。

だから後悔しない為にもしっかり考えていきましょう。面倒だとは思わないように。

 

次に決める要素は、やはりその大学の雰囲気であったり、”何に力を入れているか” を調べましょう。

校風に関しては、大学によって千差万別です(少し言いすぎかもしれませんが)。

自分が4年間しっかりと学べるためには周辺環境も大事な要素です。

また、大学によってどこに力を注いでいるかも違います。

例えば、私が通っている千葉大学はグローバル大学を目指して留学を推奨しており、複数の留学を支援するプログラムがあります。

また、海外からの留学生も多く受け入れています。

普通に歩いているだけでも留学生の人とすれ違うこともあります。

そこでも大学の特色が出てくるので、しっかり大学の下調べはしたほうがいいですよ。

上記のことを知るためにも、必ずオープンキャンパスに足を運んでほしいです。

できるなら、普段の平日にもキャンパスにも行ってみるとなおよしです。

オープンキャンパスのときはよそ向きの顔で迎えてくれますからね。

 

あとは先日作成したモチベーショングラフ自分史を利用するのもいいかもしれませんね。

自分が興味を持ってきたこと、頑張ってきたことがあの中に書いてあるはずです。

後日返却する予定なので、そのときに見返してみてください。

 

以上で、志望校を決めるために私からやってほしいことは終わりです。

志望校が決まれば具体的な目標が定まる

具体的な目標が決まれば、質の良い計画が立てられる。

質の良い計画立てにより、模試の点数UP!!

 

ここまでできるといいですね。そのためにも春休みを使って、志望校を決めていき、

4月に最高の状態で新学年をスタートできるようにしていきましょう!!

 

 

2018年 2月 26日 I can accept failure, everyone fails at something. But I can’t accept not trying.

こんにちは、大沼です!

もうすぐ2月も終わりますが、みなさんは勉強の調子はいかがですか?

今取得している講座の学習計画は実行できていますか?

主要科目の早期完成が遅れると、受験全体を通した計画が大幅に遅れる可能性があります。

もしすでに遅れが生じてしまっている方は、試験休みや春休みを利用して遅れを取り戻しましょう!

さて、本日のブログの内容は

I can accept failure, everyone fails at something. But I can’t accept not trying.」です!

マイケル・ジョーダンの有名な名言です。

和訳はできますよね??

直訳で「失敗をすることは耐えられるが、挑戦しないでいることは耐えられない」

というような意味です。

学習面というよりは、将来の夢や志にちかい話になりますが、みなさんは日々向上心をもって生活に臨めていますか?

私は今、担任助手をやりつつ、大学の部活動に所属しています。

担任助手では、生徒の成績を伸ばすためのより良い指導法を探求し、

部活動では、より良い選手を目指して日々練習に励んでいます。

担任助手も部活動も、常に挑戦をし、失敗をして改善をしています。

自分の理想に向けて努力できている今の日々は主観的に非常に充実しています。

受験勉強も、志望校合格という大きな目標に向けて日々挑戦し続けることで徐々に成績が上がっていくものです。

昨日よりもよい自分を目指して頑張りましょう!!

 

2018年 2月 25日 私のグループミーティングで工夫していること ~竹内編~

こんにちは、竹内です。

本日は国公立二次試験でしたね!

今まで培ってきた知識を存分に発揮できたでしょうか?

東京大学を受験する人など、明日も試験がある人はゆっくり休んで次に備えましょう。

さて、本日は私のグループミーティングで工夫していることを紹介したいと思います。

突然ですが、東進では以前、グループミーティングのことをグループ面談と呼んでいたことを知っていますか?

なぜ名前を変更したと思いますか?

社会に出たら色々な人とディスカッションをする機会が増えます。

人の意見を聞きつつ、自分の意見を主張することが今の社会では求められています。

その練習としてグループミーティングを使ってほしいということで名前が変更されました。

私はこのミーティングという名前を意識して日々のグループミーティングを行なっています。

同じ大学を目指している生徒同士で勉強法を教えあったり、学習状況を共有し合って、お互いに切磋琢磨できるような環境作りができるよう工夫しています。

周りの人が頑張っていれば自分も負けないように頑張れるはずです。

自分のモチベーション維持のためにもグループミーティングのメンバーと色々な話をしてみましょう!

担任助手は意見が言いやすいような場所を作れるようサポートしていきます!

 

2018年 2月 24日 私のグループミーティングで工夫​していること ~湯澤編~

 
こんばんは、湯澤です。
 
 
明日はいよいよ国公立二次試験です!!
 
私たちはみなさんの頑張りを見てきました。
 
゙挑戦者゙として、悔いの残らないように全力で頑張ってきてください!!
 
校舎から応援しています!!
 
 
今回は昨日に引き続き、湯澤のグループミーティングについて書かせていただきます。
 
グループミーティングで意識していることは、生徒が参加したいと思えるような雰囲気を作ることです!
 
僕が東進の生徒時代だったとき、グループミーティングを息抜きの時間として使っていました。
 
勉強にずっと集中しろと⾔われても限界があります。
 
そんな時にお互い頑張っている仲間と話すと気持ちが楽になって、再び勉強に集中できるようになります。
 
僕の担当生徒には、グループミーティングをそんな感じに使って欲しいと思い、雰囲気作りを大事にしています!
 
しかし、僕だけではグループミーティングは良いものになりません。。。
 
そこで!!
担当生徒と一緒に金町校で一番のグループを目指したいと思ってます!
 
 
みんなで志望校合格を目指して頑張っていきましょう!!!