記述模試の重要性 | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2021年 9月 18日 記述模試の重要性

こんにちは!担任助手一年の岩崎華士です。

最近は夏も終わりを迎えて、雨の降る日が増えてきましたね、、、

そろそろ大学の授業も始まるので、気持ちを早めに切り替えて

頑張っていこうと思います!

さて、本日は「記述模試の重要性」について話して行こうと思います!

東進には、共通テスト本番レベル模試や全国統一高校生テストなどのマーク試験の

他に、早慶上理・難関国公立模試や高校記述レベル模試のような記述式のテストも

存在しています。

記述模試は特に二次私大の対策に非常に役に立ちます。

共通テスト対策をたくさん行っているがために、マーク式のテストに慣れてしまい、二次私大のような

記述がたくさん出てくる問題になると急に解けなくなってしまうことも多々あります。

記述式はマーク式と違いあてずっぽうな回答もできないため、

本当のその人の実力が測ることができます。

また、自分で考えて文字におこす力は大学受験のみならず、これから社会に進出してからも

非常に重要になってきます。

東進では明日に早慶上理・難関国公立大模試、全国有名国公私大模試

8日後に高校レベル記述模試が控えています。

東進生は必ず受験して復習も怠らず行うようにしましょう!

それでは!