苦手科目の対処法 | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2021年 6月 18日 苦手科目の対処法

こんにちは!担任助手1年の武田です!

緊急事態宣言がまたようやく明けそうですね!

ワクチンの普及などで感染が抑えられればいいのですが、

東京オリンピックも控えているのでまだどうなるかは全くわかりませんね。

もう少し辛抱して一緒に乗り越えていきましょう!

さて今日は

「苦手科目の対処法について」です。

皆さんも苦手と認識している教科は少なからず持っていると思います。

私の場合は日本史でした。時代の流れを覚えることが本当にできませんでした。

そんな私が受験生時代に苦手科目を克服する為に意識していたことを2つ紹介したいと思います!

まずは苦手科目の中に得意分野を作るということです。

得意分野を一つでも作ることによりその科目に対する得意意識ややる気が少なからず出てきて、モチベーションの向上に繋がります。

私は、江戸時代を集中的に勉強することを意識し始めてから日本史の苦手意識が薄れ始めていきました。

もう一つは、日に一回は苦手科目に触れるということです。

苦手科目に対して一番やってはいけないことは長時間放置してしまうことだと思います。

一日に少なくとも一回は触れるだけでも、長い時間その科目の感覚を忘れることも避けられ、

苦手な状態から普通な状態へと変えられることもあると思います。

苦手科目は全員が少なからず持っているものだと思います。

苦手意識を払拭できるように、そして武器にすらできるように頑張って乗り越えていきましょう!