大学のテストってどんなもの? | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2020年 1月 22日 大学のテストってどんなもの?

こんにちは、江川です!

最後のセンター試験から

どのように過ごしていますか?

受験生は気持ちを切り替えて

2次私大の対策を

始めているはずです!

低学年のみなさんは

どうでしょうか???

復習は終わりましたか?

1・2年後には受験のはずです。

受けただけでは変わりません。

できなかったところを分析して

潰していってください!

さてさて大学受験が始まった中

大学生も後期のテスト期間です。

実は言うと多くの担任助手が

テストに追われています、、。

私も本日2つのテスト

憲法と刑法がありました。

少し早い話ですが

大学進学を控えるみなさんへ

大学のテストはどのような感じか

お伝えしたいと思います!

大学にももちろん高校のように

筆記試験があります。

私は法学部ですので

正誤問題などもありますが

ある法律から判断できる考えを

論述するテストが多いですね。

法学部ですが教養科目にも

テストがあるんです。

私が履修している教養科目は

哲学や日本史などの学問です。

上の授業も論述でした、、。

法学部だからといって

法律や政治ばかりを

勉強しているのではないのです!

他の担任助手も学部を越えて

様々な学問を勉強していますよ!

他にはレポート提出

試験の代用という授業もあります。

だいたい2000字程度ですが

10000字のレポート提出が

あったりするんです。。。

自分の意見を書くことが

得意な人は有利ですね。

大学に進学している先輩として

テストを考慮した

履修のアドバイスします!

シラバスを確認して

テストが筆記試験なのか

レポートだけで済むのか

きちんと調べてから

授業の登録をしてください!

 

大学生もテストは大変ですが

日々の生活は楽しいので

目標としている大学へ

入学できるように

勉強に励んでいきましょう!