大学で学んでいること | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 7月 11日 大学で学んでいること

こんにちは!担任助手の和田です。

最近ほんとに暑いですね、、熱中症に気をつけましょう!

今日は看護学科の授業についてお話していきます!

1年生のころは、法学や統計学といった一般教養がありましたが、

2年生では専門科目が多く、一般教養の科目はほとんどありません。

薬理学や病態学(様々な病気や治療の特性について学ぶ授業)、

救急医療などを現在勉強しています!

専門性が高く難しいですが、大学の授業はいろんな科目に

関連性があることが面白いなと思います。

例えば、薬理学で学んだ、ある薬の副作用が、ある病気で起こりやすい

合併症とつながっているといった感じです!

また、演習内容もどんどん本格的になっています。

1年生の頃は車いすの乗せ方や患者さんがベッドに寝た状態での

シーツ交換の仕方を演習していましたが、

2年生では注射や点滴のやり方、鼻から酸素を送るためのチューブの

入れ方などを学びます。
また、先週は病院での実習もありました!

学内では、知識を学ぶだけで実際の患者さんの病気に対しての

受け止め方やそのかかわりについては学べません。

「こう言っていたからこうしてあげれば痛みが和らぐかな?喜んでもらえるかな?」と

考えるのは大変でしたが、やりがいは大きかったです!
大学受験がゴールではありません。

合格して大学を卒業した後どんな仕事をしたいのか?を考えられるといいですね!