受験期に失敗したこと | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2020年 7月 21日 受験期に失敗したこと

皆さんこんにちは!

担任助手の小島です!

 

先日1個下の後輩が部活を引退し、自分の引退からもう一年経つのだなあと

時のたつ早さを実感しました、、。

 

さて!!

今日は私が受験期に失敗したことについて書いていこうと思います。

失敗したことって正直あんまり書きたくないのですが、

今日は皆さんに私と同じ失敗をしてほしくないので

包み隠さずお話します!!!

是非、反面教師にしてください!!!笑

 

私が一番失敗したと感じていることは

「志望校を決めることが遅かったこと」です。

志望校を決めるのが遅かったというと

やりたいことがなかったと思われると思うのですが、

実はやりたいことや行きたい学部は高校一年生の時点で決まっていました。

 

ではなぜ、志望校を決めることができなかったのかというと

大学についてあまり調べていなかったからです。

 

自分のやりたい研究はどこの大学でなら出来るのか

国立と私立自分にはどちらが向いているのか

指定校推薦やAO試験を利用するのか

正直に言うと高校3年生の夏休みまで全く考えていませんでした。

 

その結果、東進に入学した高校二年生の9月からずっと目指していた

国立の大学を高校3年生の8月に私立の大学に変え、

その結果、受験科目に関しても7科目から3科目に変更。

今まで一番勉強時間をかけていた数学を使わず、

苦手だった化学で受験するという選択を取りました。

 

また指定校推薦を利用するのかについてもあまり考えていなかったため、

定期考査の時期には学校の勉強に振り切っていましたが、

結果的に利用しないことに決めたので

とても時間を無駄にしたなあと感じています。

 

私は結果的に自分の勉強したかったことが一番専門的に学べる大学に入学することができましたが、

正直本当にオススメしません!!!!!!!!

 

低学年の皆さんの中に正直まだ詳しく大学について調べなくていいかなあと思っている人がいるかも知れませんが、

絶対に志望校や入試形式については早期に決定しておくべきです!!!

 

早期に志望校について考えることによって

自分のモチベーションが上がり、勉強も計画的に進めることができるようになります!

 

是非!!!

このブログを読み終わったらすぐに大学について調べてみてください!!!!