受験を経験して得たもの | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2021年 10月 24日 受験を経験して得たもの

こんにちは、担任助手の田村です!

最近は暖かくなったり寒くなったりして、

寒暖差が激しいので、体調を崩さないように

注意しないといけないところですね。。

 

さて、今日のブログでは

「受験を通して得たもの」

について話したいと思います!

 

大学受験とは、

ただひたすら勉強して行きたい大学にいく。

というイメージがあるかもしれませんが、

人生においてこんなに何かに向かって一生懸命に

取り組める機会はなかなかありません。

アスリートでもなければ、1年間以上ずっと努力を

続けるなんてないですよね。

それだけに受験で学べることはとても多いのです。

 

私が受験で学んだことは、

ざっくり言うと3つあります。

 

1、効率よく作業をこなす

受験といえば勉強の量も大事ですが、

効率も同じくらい大事です。

いかに要領よく暗記するか、

いかに学校のテスト対策と受験勉強を

両立するかなど、色々な点で

効率化という観点を元に考える力

が身についたと思っています。

 

2、優先順位づけをして計画を立てる

受験は長期戦です。1年以上先の、

志望校合格という目標を見据えてそれに向かって

逆算して計画立てしてやるべき勉強を考える。

その計画立ての能力は、社会に出て何かの

価値を作り出していく立場となった時に、

非常に重要な力だと考えています。

 

3、周囲の人々への感謝を忘れない

これは受験に限った話ではないですが、

他人からの支えなしに人は生きることができません。

特に受験生は周りの人に支えられることが多いと思います。

親や学校の先生、励ましてくれる友達など

そういった周りの人々の支えによって、

自分は努力できる環境にいるんだ

ということを受験を通して学びました。

 

受験を終えた私がみなさんに伝えたいのは、

ダサいとか恥ずかしいとか思わず、

無我夢中に全力で受験に立ち向かってほしい。

ということです。

 

こんなに何かに対して全力になれる機会は

本当にこれまでもこれからもなかなかないと思います。

第一志望校に合格することもそうですが、

ぜひ受験を通して全力で頑張った経験というものを

身につけてほしいなと思います!

 

長い人生の中のたった3年間の高校生活、

青春も受験もメリハリつけて頑張りましょう!