入試申込の流れ | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2019年 9月 11日 入試申込の流れ

こんにちは!崔です。

雨の日がが続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

気持ちが滅入る天候ですが、負けずに頑張りましょう!

 

さて、今回は入試の申込の流れを説明します。

まずはセンター試験です。

センター試験の出願をするには、まずセンター試験の「受験案内」が必要です。

在学している高校やセンター試験に参加している大学の窓口に行くと無料でもらえます。

皆さんの多くは高校の先生方が動いてくれるため、あまり心配はないと思います。

他にも、インターネットや電話で全国学校案内資料管理事務センターに申し込んで取り寄せることもできます。

2020年度の全国学校案内資料管理事務センターへの申し込みは8月1日からです。

受験案内の配布は学校や大学、全国学校案内資料管理事務センターで9月2日~10月10日に行われます。

学校単位の一括請求申込みは9月27日までです。

原則高校側の指示に沿って進めれば大丈夫です。

申し込み忘れて受けられないということだけは絶対にないようにしましょう。

 

次に二次・私大の申込までの流れです。

第一に願書を取り寄せる必要があります。

「願書」とは、試験を受けるための申し込み書類のことです。

この願書を大学・短期大学に提出することを「出願」と言います。

出願は「まだ間に合う」と思っているうちに、締切日ギリギリになったり、忘れてしまったりしがちなので、とにかく早めの行動が大切です。

まずは志望校の願書を入手し、募集要項をよく読んで必要書類や出願期間を確認しましょう。

入学志願票をはじめとした書類の書き方には、細かい指定やルールがあるため要注意です。

また、せっかく書類をそろえても、郵送方法に不備があると受け付けてもらえないことがあります。

分からないところは先生や家族に聞きながら、しっかり準備しましょう。

願書はWebサイトから請求できるほか、書店で購入したり、志望校で直接入手したりすることができます。

願書配布時期は大学や入試方式によって異なり、発売前に予約できる場合もあります。

また、入学志願票の他に調査書が必要な場合がほとんどです。

入試方式によっては、その他さまざまな書類の提出が求められます。

中には高校で用意してもらう書類もあるため、余裕をもって依頼しましょう。

 

センター試験まで残り約4ヶ月です。

しっかりと準備をして本番を迎えましょう。