試験本番の雰囲気に飲み込まれないためには | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2020年 9月 14日 試験本番の雰囲気に飲み込まれないためには

こんにちは、江川です!

私は8月30日から

夏休みが始まったのですが

本日より後期授業が

開始しました!!

本格的な法律授業が

たくさん増えるので

オンライン授業とはいえ

後期授業も引き続き

怠けずに頑張ります!!

 

私の宣言は置いておいて、、、

本日のブログは

試験本番の雰囲気に

飲み込まれない方法

2つをお伝えします!!

 

①模試を受ける

みなさんは大学受験を

初めて経験すると思います。

特に第1志望大学の入試は

誰でも緊張します。

私も実際に体験しました。

その緊張を少しでも解くには

入試に近い環境に

慣れるしかありません。

入試に近い環境といえば

模試です!

東進では約2ヶ月に1回

模試を実施しています!!

学力を測るためでもありますが

試験の雰囲気慣れのためにも

行っています!!!

ですから受験生になると

校舎受験ではなく

外部会場に行ってもらい

金町校だけでなく

近隣校舎の受験生たちと

受験をするのです!!

ただ受験をするのではなく

模試で試験の雰囲気や

様々な環境に慣れておきましょう!

 

②過去問形式を熟知する

過去問をよく研究して

どのような問題形式なのかを

しっかりと把握しておけば

焦ることも少なく

気持ちに余裕が生まれます!

他の受験生が緊張に

押し潰れているところに

自分だけ少し心に余裕があると

あの独特な試験の雰囲気に

飲み込まれにくいはずです!

だから過去問演習が

大事になってくるのです!!

 

1つ1つの模試を大切にして

自分が受験する大学の

問題傾向や特徴を

過去問研究で極めましょう!!