模試当日の心構え | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2018年 6月 18日 模試当日の心構え

みなさんこんにちは!担任助手の中村です!

今日はいよいよ全国統一高校生テストですね!どうだったでしょうか?力は出し切れましたか?

さて、今日は模試当日の心構えについてお話していきたいと思います!

今日みなさんは、どんな気持ちで模試に挑みましたか?

緊張した人も、あまり緊張しなかった人もいるかと思いますが、毎回の模試を本番の試験だと仮定して受けることはとても大切です!

本番の試験では何が起こるかわかりません。空調がやけに強かったり、隣の人のペンの音がうるさかったり、もしかしたら隣のひとがずっと鼻水をすすっていて集中できない!ってこともありえます。

そして本番の試験はたった1回きりです。上に書いたような、自分に起因しない他の原因のせいで集中できなかったとしても、やり直しはできません。

だからこそ、模試を利用して、本番に何があっても動じず常に自分の最大の力を出し切れる精神力を身につけることが大切だと思います!

また、私は毎回の模試でかなり緊張してしまうタイプだったのですが、その時に心がけていたのは、わからない問題はもったいぶらずに飛ばすということです!

泣いても笑っても模試当日は当日。

いざ試験が始まってしまえば、わからないものはわからないし、難しい問題に時間をかけすぎて他の簡単な問題を解く時間が減ることほどもったいないことはありません(たとえば、英語の文法に時間をかけすぎて長文を解く時間がなくなる、など)。

解く前から諦めるのは良くないですが、問題を解いていく中ではある程度の割り切りも大事だと思います。

模試は本番同様のリハーサルでもあると同時に、自分の現状把握ができる貴重な機会でもあります。確実に取れる問題で確実に点を取ることで自分の力を最大限に発揮し、自分の力を知ることができると思います!

というわけで、長々と話してしまいましたが、中村流模試当日の心構えのポイントは以下の2点です。

①模試は本番当日同様の緊張感を持って受けること!

②わからない問題はためらわずに勇気ある撤退をすること!

次回の模試の参考にしてみてください!

今日はお疲れ様でした!しっかり復習してくださいね!