山野担任助手のラストメッセージ | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2018年 3月 31日 山野担任助手のラストメッセージ

こんにちは、担任助手の山野です。

タイトルの通り、本日をもって4年間続けた担任助手を卒業します。

僕が高校生のみなさんに1番伝えたいことは

何事も挑戦してみる

ということです!

人間今までやってこなかったことやよくわからないことに手を付けるということはなかなか勇気のいることですよね。

また自分の興味のなかったことに新しくかかわっていくということも面倒だったりして知らずに終わることも多いですよね。

正直僕はなにか1つのことに対してのめり込むタイプで誰かからすごいオススメされたりしないと気にしない性格でした。

そういうのが悪いという訳ではない、しかしこの4年間たくさんの人と関わってきて「この人は優秀だ、すごいな」と思う人は総じて「多くのことに挑戦している」「多くのことを知っている」「1つ1つを深く考えている」という特徴がありました。

みなさんの周りの人で信頼できる人を想像してみてください。

おそらく上記の特徴が当てはまることが多いんじゃないかと思います。

そしてそういった人やはりそこまでなるために考え、努力をしているんです。

自分より能力が高い人を見るとどうしても「自分とあの人は違う」「才能があるから」などと考えてしまうと思います。

こう考えてしまう人はぜひ視点を変えてみてください

できる人は何をしてきたんだろう、どういう風に物事を考えているんだろう、どうしたら自分もできるようになるんだろう

プラスに物事をとらえるだけで日々の生活がガラッと変わります。

そうすると先ほど書いた特徴に近づく1歩が踏み出せます。

皆さんがこれから臨む受験勉強はこれから先、大学や社会に出てからの準備期間です。

何か特定の科目ができるようになるその過程に意味があると思っています。その過程ではきっと伸び悩んだり、苦手なとこ、嫌いなとこを無理にでもやらなくちゃいけなかったりと大変なことの方が多いと思います。でもそういったことを乗り越えることができたという経験は絶対に受験以降でも役に立ちます。

自分はこういう風にやれば乗り越えられる、乗り越えたという事実がある

これは何にも代えがたい一生の財産です。

ぜひ前向きに、周りの応援してくれている人たちのために、なによりも自分の将来のために

この大学受験を乗り越えていってください!

今まで本当にありがとうございました!