大沼担任助手のラストメッセージ | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2018年 5月 1日 大沼担任助手のラストメッセージ

こんにちは、大沼です。

私事ではありますが、本日で最後の勤務となります。

ですので、私からの最後のメッセージをつづらせていただきます。

私は、生徒時代から2年間金町校に通いました。

2年間様々な人と関わり、色々な経験をしてきました。

受験期は思い出したくないくらいつらい時期でしたが、今になって考えてみると精神的な面で自分の中の大きな転機になった気がします。

今まで勉強が本当に嫌いだった自分が、一年間気持ちを入れ替えて勉強をしました。

勉強から逃げたくなるたびに将来の自分について考えることで、一年間自分と向き合い続けました。

みなさんも受験勉強をしていく中で様々な悩みを抱えると思います。

成績が伸びなかったり、勉強に飽きたり、将来の進路についての悩みだったり、、、

その悩んだ瞬間こそ精神的に大きく成長できるチャンスだと思います。

もちろん生徒の皆さんは、大学受験のために東進に通って勉強をしていると思いますが、

本気で受験に臨めば臨むほど将来の自分にとって糧となるものを得ることができると思います。

現に私は一年間、受験生のみんなが成長していく姿を担任助手として一番近くで見てきました。

なので、みなさんには受験に対して悔いを残さずに全力で挑んでほしいと思います。

それが私の願いです。

みなさんの受験が終わるまで担任助手でいたいという気持ちが非常に強く、残念な気持ちが強いです。

みなさんが受験を経て成長した姿をどこかで見られることをとても楽しみにしています!

先ほど、皆さんが成長する姿を一番近くで見てきたと言いましたが、

それが私の助手としての何よりの幸せでした。

生徒として、担任助手としてかかわったすべての人に感謝申し上げます。

本当に二年間お世話になりました。