夏休み期間の有効的な学習方法 | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2019年 7月 27日 夏休み期間の有効的な学習方法

こんにちは!! 福岡です!!

学習の調子はいかがでしょうか????

夏休み期間も始まり、いよいよ学習量の底上げ期間期間ですね!!!

ここでいかに学習量を上げることが出来るかがここからの学習に直結しますよ。

自分の限界を超えるチャンスです!!

受験生に関しては限られた時間の中での演習のが求められます。

圧倒的な努力量の確保とその質に対するこだわりを持ちましょう。

そんな夏休み期間の効率的な学習方法(福岡編)をご紹介してまいります。

カレンダータスク型学習法です。

内容を説明すると、

①カレンダーで一か月の学習プランや達成目標を考える(細かくこの日に終わらせる等を決める)

②上記の目標を達成するために週間の目標や予定を設定する

③一日毎に行わなければならない学習内容を紙に書き終わり次第チェックや×をつけて消していき終わらせていく

*もし、その日のタスクが終わってしまえば翌日の内容迄、手を付け先へ先へ進めていく。*

*行うことがあまりにもたまりすぎてしまったらスケジュールを立て直す(スケジューリング能力・適応能力を強化)*

このように毎日行うことを整理し確実に終わらせていくスタイルがかなり重要なことでなかなかやろうと思っても難しいことなんですよ!

頭の中だけでは忘れてしまうことがあるので紙面に残し「可視化」を測りましょう!!

これは大学生になって今でも行っていてることで大学生になってからも応用が利きますので是非とも学習スタイルの確立に役立ててみてください!!