夏休みまでもう少し!生活習慣を改善しよう!! | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2018年 6月 25日 夏休みまでもう少し!生活習慣を改善しよう!!

こんにちは、氏原です。
今日は真夏日ですね💦
気温が高い日は水分補給をこまめにして、体調管理に務めましょう!

さて、今回は勉強の話ではなく、生活習慣について話していきたいと思います。

ただし、勉強と生活習慣は切っても切れない関係!しっかりとした生活習慣を確立できていないと受験勉強にも大きく影響しますので、最後まで見てください!!
 
 今回私が話すのは、睡眠についてです!
 
皆さんは普段睡眠時間はどのくらい取っていますか?

睡眠時間をしっかりと取らないと、記憶力低下脳の機能低下、集中力低下、論理的思考力の低下などいろいろなデメリットがあるそうです。

たしかに、期末試験など、2〜3日で終わるならばその前日に少し夜更かしして勉強しても大丈夫だと思いますが、受験勉強は違います

受験勉強は1年以上必要な勉強をコツコツと積み上げてやっていくものです。その1日だけ頑張り、翌日は全然集中できなかったでは全く意味がありません!

また、睡眠時間をしっかりとって効率的に勉強を進めるには朝型人間になることをお勧めします。基本的に大学入試は午前中から始まるため、朝が弱いなど、

朝、午前中に実力を発揮できない人にはかなり損してしまいます。

本番で実力を発揮するには、練習である日頃の勉強から必ずいい点数を取れるように朝型になって勉強しましょう!!

あと、受験生の誰しもが抱える悩みであろう、勉強中に眠くなってしまう時の対処法について、何点かあげたいと思います!
 1日光浴
強い光を浴びると、睡眠ホルモンである「メラトニン」の生成をおさえられるため、眠気を解消できるらしいです!!
 2アイソメトリックス
「アイソメトリックス」とは、関節を動かさず筋肉を収縮させる運動のこと。交感神経が活発になり、血圧や体温も上がるため、脳や身体が活性化します。簡単な「アイソメトリックス」は、「両肘を直角に曲げ、両手のひらを胸の前で合わせて、5~10秒間思いっきり押し合う」という方法です。これはヨガにも取り入れられているんですよ!!
 冷水で洗顔
冷たい刺激によって交感神経が活発になり、一時的に目が覚めます。即効性があるので、「いま眠るわけにはいかない!」というときの緊急対策として試してください。

睡魔に勝って勉強時間もしっかり確保していきましょう!!