勉強する場所をこまめに変えるのはあり? | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2021年 2月 18日 勉強する場所をこまめに変えるのはあり?

こんにちは、担任助手の日向野です。

一昨日、大学の成績が出ました!

単位は1個落としましたが、成績の評価はそこまで悪くなかったので安心しました。

大学での成績の評価を良くすると研究室を選ぶことができるので

大学でも勉強を頑張りましょう!!

さて、本日ブログは「勉強する場所をこまめに変えるのはあり?」です。

個人的には勉強する場所をこまめに変えるのは

あまりお勧めできません。

理由としては2点あります。

1点目としては、集中する時間が短くなるからです。

勉強は長い時間集中することで意味があります。

また、集中する時間が短いと本番の試験でも持ちません。

本番の試験は1時間30分あり、それが3科目もあります。

集中力がない人は今のうちに付けていきましょう!

2点目は特別感が無くなるです。

特別感を出すことにより、普段より集中できます。

しかし、特別感がなくなると意味がありません。

勉強する場所を変えるのに否定的ですが、たまに変えるのであれば、

勉強する場所を変えるのは効果的です。

先ほども言いましたが勉強する場所を変えるのは普段とは違う環境で行うため、

いつもより集中できます。

また、違う環境で勉強すると暗記した事も印象が強くなり、

忘れにくくなります。

新学年生はこれから1年間以上勉強すると思います。

3回ぐらい、勉強する場所を変えてみてモチベーションを維持しましょう!!

受験生は残り1週間最後まで勉強していきましょう!