共通テストの結果との向き合い方 | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2023年 1月 16日 共通テストの結果との向き合い方

 

こんにちは!

金町校担任助手3年の山田凌太郎です!

受験生は、共通テスト受験お疲れ様でした。

いかがでしたでしょうか?

受験の雰囲気を味わえたと思います。

これから私大や2次の試験もどんどん始まります。

どんな状況でも実力を十分に発揮できるように

今回の経験を活かしましょう!

 

さて、今回のテーマは「共通テストの結果との向き合い方」です。

毎年見ていると共通テストが終わって、一息つく人や

点数に左右されて、勉強に身が入らない人がいます。

共通テストに捕らわれず、次の私大の試験対策を進めていきたいですね。

 

そうはいっても、気持ちを切り替えるのは難しいですね。

一番は、手を動かすことです。

一旦、受験が終わるときまでの予定を立てます。

それ通りに、まずは手を動かしてみてください。

 

何もせずにいると、色々考えてしまうことがあるので、

問題演習など、余計なことを考えないように

自分を制御しましょう!

 

自分は、共通テストが終わった後は、

自己採点の結果を少し引きずっていたため、

すぐに私大の学習に入ることが出来ず、

1週間ほどは、あまり身の入らない学習をしていました。

 

今振り返ってみると、

もう終わったものを引きずっているより

残り準備期間が限られた二次や私大の学習を

する方がよい時間の過ごし方だといえます。

 

終わったことを引きずらない強い心を持ちましょう!