体調管理は大丈夫ですか? | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2018年 7月 28日 体調管理は大丈夫ですか?

 
皆さん、こんばんは担任助手の伊藤です。
 
本日は普段より涼しい気候で過ごしやすい一日になりましたね。
 
夏休みが始まった生徒も多いのではないでしょうか?
皆さん朝7時から登校出来ていますか??
夏休み自分の限界というのを何回も超えてみてください。
そうすれば夏休み後の姿は夏休み前とは比べて見違えるようになります。
 
一緒に頑張っていきましょうね。
 
さて本日は、夏の体調管理について書かせていただきますね。
 
まず最初に特に夏に起こる体調不良の原因として挙げられるのは、熱中症ではないでしょうか?
 
対策としては、根本的に暑さを避ける。
次にこまめに電解質の入ったスポーツドリンクなどを補給することがとても大切になってきます。
 
そして普段から生活習慣に気をつけたりすることも熱中症を予防することができています。
部活を行なっている生徒も多いと思うので参考にしてみてください。
 
次に対策すべきことは冷房病です。
 
皆さん、冷房病って知っていますか??
 
冷房病というのは、猛暑の中冷房の効いた室内と外を頻繁に出入りしたり、冷房を長時間身体に当てていたりすると、身体が冷えてしまい、毛細血管の収縮と全身の血行不良が起こります。
これが体温調節機能に乱れを生じさせ、様々な症状を引き起こすことです。
 
冷房病の症状は、身体の冷え、だるさ、しびれ、むくみ、頭痛、肩こり、神経痛、下痢、便秘、腹痛、食欲不振などです。
 
予防としては、外気との温度差を5度以内にする。冷房を直接肌に当てないなど簡単なことで予防できます。
 
有意義な夏休みを過ごすためには、まずは体調管理から気をつけていきましょう。

過去の記事