センターまであと12日!直前対策~数学編~ | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2020年 1月 6日 センターまであと12日!直前対策~数学編~

こんにちは、崔です!

いよいよ本番が近づいてきました!

どんな気持ちを抱いていますか?

ここまできたらやれることはもう限られてきます。

あとは今までの自分を信じて残りの時間を有効に使うしかありません。

本番に向けコンディションを整えていきましょう!

 

さて、理系受験者や国公立受験者にとって重要な科目である数学。

数学の出来次第で合格するかどうかが左右されるといっても

過言ではありません。

今回は、そんな数学における直前対策は何をすればいいのかをお話していきます。

 

①公式やルールを確認する

本番で一番陥ってはいけないのが

公式を忘れてしまったから解けないという事態です。

直前の確認ミスで失点するのはかなりもったいないですし

後々とても後悔すると思います。

特に図形の性質なんかは忘れがちだし、確認不足になりやすいです。

最後の仕上げとして、公式・ルールは今一度確認しましょう!

私のおすすめは青チャートです。

表紙の裏に載っている公式一覧がまとまっていて確認しやすいので

持ってる人は使ってみてください!

 

②苦手な分野を潰す

この時期になると自分が得意な分野は残り数日でそれほど伸びなくなります。

短い時間で少しでも点を上げたいのならば苦手の克服が一番です。

苦手な分野はできていない分伸びしろがあります。

完全に解けるようにならなくとも

少し苦手を緩和するだけでも大きな効果があると思います。

対策してなかったから解けなかった…

とならないよう、準備をしておきましょう。

 

③レベルの高い問題を解く

公式もばっちり!苦手もない!という人には

自分が受ける大学よりもレベルの高い問題を解く事をおすすめします。

これは私が英語でもやっていたことなのですが

目標としているレベルより上の問題を直前に解くと

本番の問題が易しく感じ解きやすく感じるようになります。

全然解けなくても大丈夫です。

レベルの高い問題に慣れるということをしてください。

実際、私は本番直前の時期

数学オリンピックの問題や大学レベルの問題を解いたりしていました。

案の定全然わかりませんでしたが、本番の問題は解きやすく感じました。

ぜひやってみてください!

また、この方法は英語で一番真価を発揮すると思います。

個人的には早稲田大学の国際教養学部の問題を解いてみることをおすすめします!

 

 

残りの12日間、悔いのないよう全力で取り組んでください!

最後まで応援し続けます!!

ガンバレ!!!!