8月模試の志望校判定の重要性 | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2021年 8月 22日 8月模試の志望校判定の重要性

こんにちは!

担任助手1年の天野祥汰です!

今日は共通テスト本番レベル模試当日ですね!

皆さん、夏休みの勉強の成果をすべて出し切れるように頑張ってください!

そして、私立志望の人は模試後の当日までに、

国公立志望の人は次の日までに復習を終えることを目標に、

模試後の切り替えを大切にしてください!

今日は8月模試の志望校判定の重要性について書いていきたいと思います。

受験生は何度も言われたと思いますが、

8月の共通テスト本番レベル模試で入試本番の目標点を突破することが志望校合格の可能性を大きくします。

具体的には第一志望校の判定がB判定以上です。

8月模試でB判定以上を出すことができた受験生は

毎年かなりの確率で第一志望校に合格しています。

なので、8月模試を「共通テスト仮想本番」と思い、臨むことが重要になります。

また、模試の結果がどうであっても、

今の自分の立ち位置をしっかりと認め、

さらなる危機感を持って夏以降勉強に取り組んでください!

しかし、焦ってもよいことはないので

明るく、前向きに学習することが合格の可能性を広げます。

どんな状況でもポジティブに粘り強く勉強していくことが大切になってきます!

最後に、夏休みもあと約1週間で終わりです。

後悔のないよう残り1週間を全力で頑張ってください!

応援しています!