4月模試に向けて | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 4月 7日 4月模試に向けて

こんにちは!

金町校担任助手3年の山田凌太郎です!

3年生となり、金町校でも最終学年となりました!

そして、大学3年生と言えば就職活動が始まりますね。

僕は、一般的に多い民間就職です。

TOEICの得点も必要になるので、皆さんと一緒に英語を頑張りたいと思います!!

さて、今回のテーマは、、

「4月模試に向けて」

です!

模試当日は4/24とあと2週間ほどになりましたね。

既に受講修了している人にとっては結果が欲しい模試です。

インプットの成果としてまだ十分な結果が出る模試ではないですが、

2月模試よりも知識量が多くなっているのは間違いないです!!!

僕もこの時期の模試で英語の点数(センター試験)が50点と

大幅に伸びました!

伸びる可能性大ってことですね!

皆さんはこの模試でどのくらいを取りたいですか??

まだ決めていない人もいるかもしれません。

漠然と受けるのではなくて、目標と現状とのギャップを理解して

模試までの対策に活かしてほしいです!

特に目標とのギャップが激しい科目は優先順位を高くしたいですね。

目標が決まったら対策するのみです!

模試までどのような対策をするのかは決まってますか??

まだ受講が終わっていない人は引き継ぎ受講をするのはもちろん、

終わっている人は受講の復習と高速基礎マスターの復習をしましょう!

一度修了してもすべて覚えているということはないです。

期間が開いた受講や高速基礎マスターは覚えている可能性が低いので

模試までに復習を終わらせましょう!

しかし、それをやっただけで大丈夫!というわけにはいきません

インプットをしただけで点数が取れるほど

共通テストは甘くありません!!

「形式に慣れる」

これが必要です。

過去の模試や過去問を利用し、

時間配分や解答の基準を再確認する時間を設けましょう!

インプットとアウトプット両輪で模試まで走り抜けましょう!

皆さんの努力が反映される模試でありますように、、と

願っています!