同日体験受験(1月14,15日)までにできることは? | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2023年 1月 4日 同日体験受験(1月14,15日)までにできることは?

 

こんにちは!

金町校担任助手3年の山田凌太郎です!

年越しは自宅で家族とゆっくり過ごしました。

私の2023年の抱負は、「こだわり」です!

就職活動の結果にこだわりたいです。

また、プライベートの質にもこだわり、新しいことにチャレンジしたいです。

 

さて、今回のテーマは

「同日体験受験までにできること」です!

 

同日体験受験とは、「2023年共通テスト本番と同じ問題を解く模試」ですね。

東進では、この同日体験受験を受験における中間目標としています。

なぜかというと、「この模試の点数」と「本番の合格率」の間に

相関関係があるからです。

つまり、この模試で受験校の合格者平均点を超えられると

当日の合格率が高まるということです。

 

さて、模試まであと11日ですね。

残り期間は短いですが、まだやれることがあります。

それは、知識のインプットです。

英語や数学でもすべてインプットがあると思いますが、

「一番結果に影響を及ぼす分野」のインプットをやるべきです。

この残り少ない時間で全ての科目のインプットはできません。

優先順位をつけて学習しましょう

例えば、国立理系でまだ英語と数学の点数が物足りない人がいるとします。

 

英語は、伸ばすべきものですが、

単語や英文法のインプットを増やしても

出題形式が長文メインなのであまり点数は変動しません

(直前に覚えた単語が長文内に出てきて読めたなど、多少効果がありますが)

 

そのため、過程も重視される数学において

苦手分野を克服する方が理にかなっています。

 

主要科目がある程度点数が取れている人は、

理科や歴史など副教科の知識をインプットするのもいいでしょう。

残り期間、点数を少しでも伸ばせるよう最大限頑張りましょう!