高校時代にやり残したこと | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2016年 12月 4日 高校時代にやり残したこと

 

 

こんにちは!担任助手の佐々木です。

もうあっという間に12月ですね。受験生は入試本番が近づいています!!

センターまで残り少ないです。時間を大切にして、ラストスパートをかけていきましょう!!

さて、今回は僕が高校時代にやり残したことを話したいと思います。自分の高校生活をふと振り返ってみると・・

学校行事に部活動に充実した日々を送っていたと思います。そのような面で自分が後悔していることはありませんが、1、2年生で勉強をする事がほぼなかったということに今後悔しています。

自分は高校時代サッカー部に所属していて、毎日朝練があり、放課後も練習があり、日曜日は練習試合があるという状況でした。

自分の高校は行事が盛んで、体育祭の応援団に所属していて、文化祭もあり、合唱祭もありという忙しい日々を送っていました。その中で自分は忙しいことを言い訳に勉強から逃げていた自分がいました。

このままではまずいのではないかと思ったのが高2の冬です。今考えると多忙な中で部活動も行事も勉強も出来ていた人もいたなと思います。

自分はそこから受験勉強を意識し始め、努力していきました。

しかし、自分が受験勉強に対して意識を高められたのは部活動や学校行事で得られたことが多かったからなのではないかと思います。

仲間を大切にすることや、協力すること、また忍耐力や精神力も身につけることができました。 行事や部活動を通して自分は学校の先生になりたいという夢も見つけられることが出来ました。

皆さんも今までの自分を振り返ってみてください。1、2年生は常にチャレンジ精神を持って物事に取り組んでみてください。そこから得られるものは本当にかけがえのないものです。

そこで得ているものを是非勉強にも生かしてください!

受験生である3年生は入試本番が近づいていると同時に卒業までも近づいていますね。友達といる時間も大切にしながらラストスパートかけていきましょう!!