過去問を早めに解いておくメリット | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2021年 5月 7日 過去問を早めに解いておくメリット

こんにちは、担任助手の八頭司賢です。この前のブログで暑くなってきましたね、

と言ったものの今日はなんだか肌寒いですね。

 


さて、今日は「過去問を早めに解いておくメリット」について書いていきます。

もうすぐ過去問に取り掛かる生徒が増えてくると思います。

しかし、多くの人はなぜ今この時期から過去問に取り掛かるのか疑問だと思います。

疑問に思う人はメリットを考えてみましょう。

私はこれらが主なメリットだと考えています。

自分の弱点が見つかりやすい!

傾向がわかる!

慣れる

①から詳しく見ていきましょう。

 弱点が見つかるということが最大のメリットと言っても過言ではありません。

 10年分やることで大体の範囲の演習をすることになります。

 ということは自分の抜けている部分が一目瞭然になるのです。

 その穴を見つけ、埋めていくには早めに解いておく必要があるでしょう。

 

②は①と同じように量をこなすことで大学ごとの傾向を知ることができます。

 特に歴史は出題される時代が大学によって特徴が出るので

 チェックしておきましょう!

 

③は問題になれるということだけでなく、①②によって

 自分が勉強するべきところがわかるため、勉強に慣れていくのです。

 

どうでしょうか。過去問を早めに解いておくメリットは

理解できたでしょうか?

 

今からどんどん過去問を進めて周りの人との

差をつけましょう!