過去問の取り組み方 | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2020年 6月 14日 過去問の取り組み方

皆さん、こんにちは!担任助手の日向野です!

 

模試の結果はみましたか?

成績表を見てどこが苦手が分析して次の模試につなげてくださいね。

まだ、返されてないよという人は受付の人に言って返してもらってください!

 

さて、今日は過去問の取り組み方について話していきます。

準備段階として時計と問題用紙と問題を印刷して用意します。

問題用紙を用意できないよって人はマークする時間を考えて時間を5分ぐらい減らしましょう。

まだ、問題を取り組んではいけませんよ。

過去問研究シートを振り返って、どこに時間をかけるところやどの順番で問題を解いていくかをもう一度確認しましょう。

はじめて取り組む人は問題をぱらぱらとめくって大問別ごとに解く時間を大雑把でいいので決めましょう。

準備ができたらいよいよ過去問を解いていきます。

直前に振り返ったことを意識してとくのはもちろですが、解いているときは時間を正確に計ってください。

時間を計り忘れると過去問をする意味が半減するので注意してください!

解き終わったら自己採点をしてください!

自己採点の結果と計った時間を過去問研究シートに書き込んで自己分析をしっかり行いましょう!

復習も忘れないでくださいね!

時間内に解き終わらなかった問題があったなら復習の時にあらためて解きましょう。

そして時間があれば解けたのか力不足で解けなかったのかを見分けましょう。

以上が成果がでる過去問の取り組みかたです。

過去問演習会を開いているので参加してこの方法になれましょう!