計画と実行の大切さ | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2019年 2月 21日 計画と実行の大切さ

 

だんだん暖かい日も増え、春の陽気を感じられるようになってきましたね!

私は花粉が心配になる時期です。

 

今日は計画と実行の大切さについてお話ししたいと思います。

 

皆さんは学習計画をしっかり立ててから学習に取り組んでいますか?

東進生の皆さんは合格設計図や週間予定シートで学習計画を立てていると思いますが、どれだけ実行できていますか??

私たちが毎回受付で週間予定シートを確認していますが、受講予定にも関わらず、やらずに帰ってしまう人もいます。

自分で立てた受講予定は最低限守るようにしましょう。

 

また、合格設計図も受講をやり始める時に立てているはずです。

設計図通りに進められている人もいれば大幅に遅れてしまっている人もいます。

遅れてしまっている人は予定に頑張って追いつく、設計図を修正するなどをしてください。

私達も相談に乗るので、なにかあれば遠慮せず言って下さい。

 

ここからは私の体験談についてお話しします。

私は受験生のころ、計画を立てることも、それを実行することも苦手でした。

立ててもどうせ実行できないから立てる意味もないかなと考えていたときもあったくらいです。

しかし計画を立てないでいると、後になってから自分の勉強が遅れている、間に合わないなどと気が付くことになります。

計画を立てることが大切だと分かってはいるものの、細かい予定は守れる気がしない。

そんな風に考えている人はまず週間予定を立てるときに今週必ずやらなければならないことを決め、次に一日ごとに必ずやり切ることを決めてから取り組むようにしましょう。

 

私は時間で学習内容を区切ることが嫌いで、「せっかく乗ってきたからこのままこの教科を続けよう」とか「今はやる気が出ないから苦手科目やりたくないな」と思うことがしょっちゅうでした。

だから絶対にやらなければいけないことだけは必ずやり、あとはその日の気分や遅れていると感じている科目に取り組んでいました。

 

私のように細かいことが苦手だったり、やる気にムラがあるひとはぜひこの方法を試してみて下さい。