歴史科目暗記のコツ | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 10月 23日 歴史科目暗記のコツ

こんにちは!

担任助手2年の武田です。

皆さん衣替えは済んだでしょうか?

私はまだ衣替えがまだ済んでいなく

毎日寒さに耐えています。

皆さん衣替えは早めに済ませておきましょう!

さて今日は「歴史科目暗記のコツ」についてです!

少々、文系もしくは一部の国公立理系の受験生に

限定されてしまう話題ではありますが

何かを覚えるという点では

受験に必要なスキルなので役に立たないことはないと思います!

自分は社会科目として日本史を選択していました。

日本史に限った話ではないですが、

社会科目は尋常ではないほど覚える量が多いですよね。

今回は、私が受験生時代に何かを覚える時に意識していたことを

紹介したいと思います!

まず、ひたすらに問題を解いてその知識に出会いましょう!

これには志望校別単元ジャンル演習が一番最適だと思います。

何回も出会うことでしみこむように覚えるようになります。

そしてそれでも覚えられない知識は、

それぞれにそれぞれの印象をつけてどうにか覚えるように

意識していました。

よく、覚えられない単語をノートいっぱいに書く勉強方法を目にしますが、

私はあまりお勧めできません。

それぞれの知識に差をつけられないからです。

私はそれぞれの知識に違った印象を持たせるために

あらゆる方法を使っていました。

一部を紹介すると、

・風呂場の壁にガムテープを貼りそこに覚えたい単語を書く

・友達のLINEの名前を覚えたい単語に設定する

・教科書や参考書の表紙に覚えたい単語を書く

などしていました!

一貫して大事なことは

それぞれに違った印象を持たせるということだと思います。

暗記は大変だしあまり面白くないと思いますが

頑張ってください!