模試前日の勉強について | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2021年 6月 11日 模試前日の勉強について

  

こんにちは、担任助手の日向野です。

前回のブログの時にも実験があったのですが、今回もブログの時に実験がありました。

今回の実験はろ過を使った実験でした。

ろ過と言えば、ろ紙を使うイメージがありますが、

大学になると水圧の力を使った吸引ろ過もあります。

大学に入ると珍しい実験器具があるので、理系の人は楽しみにしてください。

さて、「模試前日の勉強について」です。

模試前日の勉強で気をつけることは全科目の過去問を解かないことです。

過去問を解いて、得点が分かると明日に向けて一喜一憂してしまいます。

その感情の変化が、模試当日の点数に響きます。

だから、できるだけ過去問解かないようにしましょう。

そうは言っても最低限の過去問も解かないといけないので、

明日の過去問演習会には参加しましょう!

では、どのような勉強をするべきかと言うと、

苦手分野の大問別演習です。

模試に向けて少しでも、苦手を潰しましょう。

さらに、苦手を潰すことで模試に対する不安が少なくなり、自信に繋がります。

また、大問別演習は過去問と違って時間があまりかかりません。

だから、模試で使う科目は全部やりましょう!

模試前に勉強しない科目があることは非常にまずい状況です。

たとえ、未修科目だとしても感覚を掴むことは必要です。

まとめると、模試前の勉強で大切なことは

全科目の大問別演習をやることです。

模試前の勉強をより良いものにしてください。

応援しています!