模試を受ける姿勢 | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2021年 5月 31日 模試を受ける姿勢

 

 

こんにちは!!

担任助手1年の天野祥汰です!

外はかなり暑くなってきましたが、受験勉強は上手く進んでいますか?

定期テストが終わった人も多いと思うので、定期テストの分を取り返せるよう今週はより頑張っていきましょう!

そして6月13日全国統一高校生テストがあります。

あと2週間切っているので、今日は模試を受ける姿勢について書いていきたいと思います。

模試では多くの受験生と同じ会場で決められた時間、何が出るかわからない問題

本番に近い状態で問題を解けることが1番のメリットだと思います。

自分は模試になるといつも問題を解いているよりも時間が過ぎるのが早く感じたので

普段問題を解く時間を短くして演習に取り組んでいました。

模試を解くことでその後の勉強方針を決める事ができます。

これは科目や分野の弱点を把握することはもちろん、

時間配分やメンタル面での対策も考えることができます。

自分も受験生のときには本番自分の持っている力を全て出すためにはどうしたらよいか

模試受ける前後で考えて取り組んでいました。

自分が本番で最大限の力を出す為には緊張50%、平常心50%の状態がベストだと考えていました。

自分はこの状態が一番落ち着いて問題に取り組めました!

模試が近いので頑張ってください!!

応援してます!!