模試を受けた後にすべきこと | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2021年 3月 23日 模試を受けた後にすべきこと

こんにちは~!!担任助手2年の三浦です!!

今日はとても天気が良くて、過ごしやすい気候でしたね!

この春は進級や進学等様々な新しい状況が開始する時期でもあります。

私ももうすぐ大学3年生が始まり、いよいよゼミの活動がスタートしたり、他にもいろんな勉強や経験をもとめ様々なことにチャレンジしていこうと思います!!

さて本日は「模試を受けた後にすべきこと」について話していきたいと思います!

一番直近だと4月に『共通テスト本番レベル模試』がありますね!

「模擬試験」というのはこのように回数も限られており、頻繁に受けたほうがいいというものでもないので、

1回の模試の質がとても大事になってきます。

なので、ズバリ模試を受けた後にすべきことは「自己採点」「復習」です!!

自己採点とは、自分の解答を問題用紙に写しておいて、その写しをもとに自分の解答の正誤を確認するというものです。

たしかに模試の点数は東進だとだいたい1週間程度で見ることができますが、まずこの1週間のラグがもったいない!というのと、

共通テスト本番においては自分の正確な成績が出るのは約4か月後の5月ごろになるので、本番においては自分の自己採点でしか、共通テストの点数が推測できないからです。

なので今のうちから自己採点になれておく、また即点数をだし、間違えたところを把握することに慣れておきましょう!

次に復習はみなさんもご存じのとおり、模試を活用するにあたってかかせないですよね!

模試を復習することは自分の苦手対策に直結します!苦手をつぶし、効率的に点数をあげていきましょう!

応援しています!