模試の活用方法 | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 7月 14日 模試の活用方法

 
 

こんにちは!

担任助手2年の天野です!

最近、雨が多いですね。

今日は雨だと知らず、

朝、大学に自転車で向かってしまいました。

今日帰るとき、

まだ雨が降っていたら濡れて帰ろうと思います。

余談ですが自分は雨男です。

皆さんは学校のテストが終わり、

いよいよ夏休みですね!

受験生は受験の天王山と呼ばれる夏です。

この夏の過ごし方で合否が大きく分かれると思ってください。

毎日15時間勉強頑張りましょう!

余談ですが大学生は今からテストです。

大学生の皆さんも頑張りましょう!

今日のテーマは「模試の活用方法」です。

東進に通っている皆さんはよく聞くと思いますが

模試は

学力を測り現状を知ること(See)、

結果をみて、今後どのように勉強すべきか作戦を立てること(Plan)、

そして実際に行動すること(Do)

この3つを行って初めて

成績を伸ばすことできると思ってください!

Planについて具体的に話をすると

模試の結果が書いてある帳票に

自分が点数を取ることができなかった分野が

わかるように記述されているはずです。

そこを中心に学習をしていくのが良いのではないでしょうか?

受験生の夏休みはもちろん過去問を解き、

しっかりと志望校の傾向を掴むことも大事です。

しかし、基礎を固める最後の大切な時間でもあります。

いままで解いてきた模試や過去問をもう一度しっかり分析を行い、

夏休みが始まる前に自分の弱点を明確にしましょう!

人生で1番頑張れたと思える夏を過ごしてください!

応援しています!