模試の活用方法 | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 8月 23日 模試の活用方法

こんにちは!

大学の単位発表が迫ってきてびくびくしています。

担任助手2年の武田です!

皆さん、共通テスト本番レベル模試の受検お疲れさまでした!

自己採点の結果はどうであれ現状を受け止めて、

私立組は昨日まで、

国公立組は今日までに最低でも

復習を終わらせて次に切り替えていきましょう!!

ということで今日は「模試の活用方法」

について話していきたいと思います。

まず大前提として、

模試は得点を測るためだけでなく、

自らの強みや弱点、

勉強の成果を確かめて成績を伸ばしていくためにあります。

すべての勉強は一回一回の模試のためでなく、

本番当日に実力を発揮するためにあると思えば

模試の結果に一喜一憂しすぎることなく

勉強に専念できるはずです。

そして、弱点発見が模試を活用する上で重要になって来ます。

自分は何が苦手なのか、

どのような問題に弱いのかをよく見てみてください!

英語であれば、

表や資料を使った問題が苦手、

日本史であれば

中世から江戸初期にかけて知識が足りていないなどなど。

結果で出た点数だけを見ず、

内容を特に重視してみるようにしましょう!