模試の復習をしよう | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 9月 18日 模試の復習をしよう

こんにちは、大学の授業で学んだことは

できるだけ次の日までに復習をするようになってから

テスト期間が楽になった担任助手の八頭司です。

 

皆さんはしっかり復習できていますか?

復習と言っても色々あると思いますが

本日は模試の復習について書いていきたいと思います。

そもそも模試の復習の優先度はどうなっていますか?

優先順位が低い人も多いのではないでしょうか。

実は模試の復習はとても大事なんです!

理由は簡単で

自分の理解できていないところを把握できるからです。

模試を「学力を測る」ために使っている人は

もしかしたらこの観点が抜けていたかもしれません。

模試はそれだけでなく「学力を伸ばす」ためにあります!

折角模試を受けたのなら自分の弱点を分析し

学力を伸ばすための行動に移していきましょう。

ただ、模試の復習の重要性が分かっても

腰が重くなってしまう人がいると思います。

そんな方に一つ教えたい知識があります!

皆さんは「エメットの法則」を知っていますか?

経営コンサルタントのリタ・エメット氏が

提唱した法則です。

どのような法則かというと

~課題を先延ばしにしたままだと、

すぐにとりかかった場合に比べて

多くの労力・時間を消耗してしまう~

という法則です。

これを今回の模試の復習に当てはめてみると

やらくてはならない模試の復習があるが

面倒くさがって放置していると

模試を受けてすぐの時と比べて

問題を覚えていないため思い出す作業から始まり

ほぼゼロからのスタートになってしまうということです。

 

なにごとも面倒くさがって後回しにすると

多くの労力・時間を消耗してしまうことになってしまうのです。

どうせやらなくてはいないのであれば

今すぐにやるべきなのです。

そして模試の復習はいつやるべきなのか

というと受験したその日です!

本日はちょうど9月18日なので

東進の

第4回 早慶上理・難関国公立大模試と全国有名国公私大模試

がありますね。受験したらすぐに復習に取り掛かりましょう。

 

それでも腰が重い人へ

最後にアメリカの社会学者チャールズ・クーリー

の名言を紹介したいと思います。

明日は何とかなると思う馬鹿者。

今日でさえ遅すぎるのだ。

賢者はもう昨日済ましている。

馬鹿者ではなく賢者の方になりましょう。