模試で緊張してしまったら。 | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 9月 16日 模試で緊張してしまったら。

みなさんこんにちは!

担任助手一年の渡邉一希です。

最近は少しずつ暑さがなくなってきて過ごしやすくなってきましたね!

もう9月の半ばまできてしまいました。

この時期から学校などでの模試が増えて来ると思いますし、

学校の行事でとても忙しい時期に入っていきますね。

自分は大学が9月末まで夏休みなので、

残りあと2週間ほど

全力で楽しんで自分のやりたいことを満喫しようと思っています!

さて、話は変わるのですが本日は模試で緊張してしまったらということで、

模試で緊張することを防ぐ秘訣

について話していければなと思っています。

ところでまず、みなさんは模試で緊張しますか?

自分が受験生の時は模試ごとにとても緊張していました。

というのも自分自身が今現状どの程度学力があるのか、

苦手な部分はどこなのか。

第一志望校に合格するために必要なことは何なのか。

など、模試から様々なことが判明するので

ここではミスれない!と常に思っていたからです。

本番を見据えた練習という立ち位置になる模試ですが、

そうであるからこそ緊張することはとても大切なことだと思っています。

前々から準備を重ねていけば自信と期待から自ずと緊張してくるものです。

緊張すること自体は何も悪くありません!

では、そうなってしまったらどうすればいいのでしょうか。

僕自身が受験生の時は、

とにかくいつものルーティン通りに生活する意識を持つこと

を心がけていました。

普段と同じように行動することで、

「いつも通り」を心がける。

それが自然と安心感に繋がってくるものです。

それができれば適度の緊張感で模試に臨むことが出来るはずです。

そのためにはやはり普段の生活から

本番を意識した演習・行動を行う必要がありますね。

具体的には日曜日は模試や本番と同じ時間帯で

問題演習を行うことであったり、

朝に単語帳を見る習慣づけを行って、

それを本番の日にも行う。といったようなことです。

それから、試験時間中も同じことが言えますね。

試験本番で今まで練習してきた解き方とは違う解き方などをして

変に焦るようなことは何としてでもやってはいけないことです!

「今まで通りを意識する」

ことこそが緊張を和らげる最大の武器になります!

練習は本番のように、本番は練習のように

という意識を常に持っていきましょう!