担任助手夏の勉強法~大久保編~ | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2016年 7月 23日 担任助手夏の勉強法~大久保編~

 

こんにちは!

担任助手の大久保です。

7月23日・・・いよいよ夏休み突入ですね!

 

受験生の皆さん、夏休み中の勉強時間はどのくらい必要だったか覚えていますか?

そう、1日15時間です。

そのためには朝7時登校閉館までいた後家でも勉強することで確保できます。

こんな長い時間なんて集中力続かないよ!と思うかもしれません。

 

そこで今回は夏休みのおすすめリフレッシュ法を書いていきます!

それは体を動かすという事です。

 

私も15時間勉強をはじめてした日は、後半になるにつれ自分でもどんどん集中力がなくなって、眠気に負けそうになったりぼーっとする時間が増えていくのを感じました。

 

しかし、そんなときに席を立って問題を印刷しに行ったり、お菓子を買いに行ったり、音読室に行ってひたすら英文を音読したりと体を動かすと、そのあとの勉強にも身が入るようになりました。

 

だらだらとただ長い時間勉強できていても、頭に入らない質の低いものだとせっかくの時間がもったいないです。

 ぜひ皆さん、をつけて質も量も良い勉強を続けていきましょう!