志望校対策の体験談 | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2018年 9月 19日 志望校対策の体験談

こんにちは、平井です。

新学期のスタートダッシュはうまくいきましたか?
平井はいろいろと忙しくて風邪を引いてしまいました。皆さんも気を付けてください。
 
さて今日は「志望校対策の体験談」を話したいと思います。
 
大学受験は高校受験と違っていくつもの学校を受験します。
ここからの学習計画は長期的に組まなければ
どれも中途半端で本番を迎えることになります。
 
今、受講で精一杯の人は要注意です。
 
その大学に受かりたいのであれば、
その大学の過去問を研究しなくてはなりません。
 
そのためには過去問演習の時間がとてもかかります。
 
私も去年の今頃、
新しく受講を60コマ追加してやらなくてはならないことがたくさんあって混乱してしまい、
担当の助手や担任と一緒に優先順位過去問の最低演習量を決めました。
 
また、過去問演習の際に気をつけてほしいことは
復習の時間を多すぎかもと思うくらいに取っておくことです。
 
思っていたよりも復習に多く時間をとられてしまい、
計画を立て直すことが多いからです。
 
だんだんと自分の復習に必要な時間が分かってきたりと
復習方法の効率が上がってくるので
過去問をやり始めたばかりは時間がかかってしまっても、
後から巻き返せます。
 
「そんなに復習を多くやっていたら量をこなせないよ!」という人も多いと思います。
 
「慣れ」は量が大切ですし、、、
 
だからこそ
最低限のやる量を決めてから
3~4か月ほどの長期的な計画を立て、
次に月間や週間で予定を立て、
1日のやることの優先順位をつけて下さい
 
最終的なゴールを設定することで
今やることは見えてきます。
 
私たちも計画立てのお手伝いをしたいと思いますので、気軽に声をかけてくださいね!