学校と塾の両立 | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2021年 6月 5日 学校と塾の両立

 

こんにちは!!

担任助手の小島です!!

 

ブログを書くのがすごく久々な気がしています。。。

なので今回は張り切って書いていきますね!!(笑)

 

さて!!

本日は学校と塾との両立について書いていこうと思います。

塾に入学して受験勉強を開始するとどうしても

受験勉強に本気で取り組むためには

学校の勉強や行事を諦めるしかないように

感じてしまいますよね。。。

 

しかし!!

私はどちらも本気で取り組むことができると思っています!

 

実際、私も高校生の時は学校東進どちらも全力で取り組んでいました。

学校では週6で19時まで部活動を行っていたほか高校2年生の時はクラスの副委員長、

高校3年生になってからは8月まで部活を行い、

部活を引退後も

文化祭では文化祭係、体育祭では応援団、

さらには卒業アルバム作成委員会など

学校行事も全力で楽しんでいました。

もちろん東進には高校2年生の頃からほぼ毎日登校し、

模試やHRにも積極的に参加していました!

 

私が考える学校と塾との両立を成功させるポイントは

効率化」と「習慣化」です!!

 

1つ目の効率化

常に今自分がやっていることが最短ルートなのかどうかを考えていました。

例えば、問題集を行うにしてもどの問題集を使うのが最も効果的なのか

問題はどの難易度のものをどのくらい行うのがよいか

復習は解き直しを何回行うべきなのか

など

ただがむしゃらに解くのではなく

いろいろなことを考えて取り組んでいました。

また、効率を上げるためには集中力も必要です。

ダラダラと勉強することは時間の無駄でしかないと考えていたため

常に勉強時間を区切って最大限の集中力を発揮できる

時間で勉強に取り組むようにしていました。

 

2つ目は習慣化です。

人間は易きに流れやすい生き物です。

今日は部活で疲れたから東進は休もうかな、、、。

と思う日もあると思います。

しかし、どんなに疲れていても時間がなくても

全く勉強しないよりかは少しでもできることを行った方が

第一志望校合格に近づきます。

また、毎日机に向かう癖をつけておくことによって

モチベーションが湧かない時でも

勉強に取り組みやすくなります。

そして何よりさぼり癖をつけないようにすることが大切です。

 

受験勉強を全力で頑張りつつ、

学校生活も諦めず悔いのない青春を送りましょう!!!