大林担任助手のラストメッセージ | 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2018年 5月 3日 大林担任助手のラストメッセージ

みなさんこんばんは、最近暑くなってきましたね。

体調管理には気をつけてくださいね!

さて、本日は私からみなさんに伝えたいことがあります。

私事ではありますが、本日で私は担任助手をやめることになりました。

ですので、このブログを通してみなさんに最後のメッセージを送りたいと思います。

私は生徒としては高校3年生の夏から約半年しか東進に通っていませんでした。

高校2年生から3年生の初めまでは別の予備校に通っておりましたが、

そこでは授業が終わったらすぐに帰宅してテレビを見たり、

携帯で友達と連絡を取ったりと一切勉強をしていませんでした。

その結果、予備校に通っているにも関わらず成績はどんどん下がっていき

両親にも呆れられていました。

ですが高校3年生の6月にセンター本番レベル模試を受けたのをきっかけに

東進の招待講習を受け、映像授業の楽しさや担任助手の方たちの温かい人柄に惹かれ東進へ入学することを決めました。

東進へ入学してから私は今までの態度を改め一生懸命受験勉強に励みました。

苦しく受験を諦めようと思ったことも何度もありました。

しかしそんな時、時には厳しく、時には優しく相談に乗ってくださった担当担任助手の方に支えていただきました。

結果私は第一志望の大学に合格することはできませんでしたが、

東進に入学していなかったら今通っている大学にも合格できなかったと思います。

そう考えると、東進の入学を進めてくださった校舎長や、

入学してから親身に相談に乗ってくださった担任助手の方々に

とても感謝の気持ちでいっぱいです。

また、私は担任助手として2年間みなさんのことを側でサポートしてきました。

私が担任助手になった理由は先輩担任助手の方が私を支えてくださったように、

今度は私がみなさんの支えになりたいと思ったからです。

また、自分は第一志望の大学に合格できなかったため、

そのリベンジとしてみなさんに第一志望の大学に合格してほしいという思いで

担任助手をさせていただきました。

2年間色んな生徒と関わり、悩みや喜びを共有してきました。

第一志望に受かった生徒、受からなかった生徒それぞれいますが

全員を指導しサポートできたことはとても幸せでした。

ここから成績が伸びなかったり、

モチベーションが下がったりと悩みが増えてくると思います。

そんな時、金町校には頼れる担任助手がいます。

遠慮せずたくさん相談してください。

長くなりましたがこれまで勉強に本気になっていなかった人も、

すでに受験勉強に本気で取り組んでいる人も

全員残りの時間悔いなく過ごせるように計画を立てて学習を進めましょう

これから受験をむかえる人たち全員の第一志望大学合格を心より願っています。

生徒として半年間、担任助手として2年間関わった全ての人に感謝申し上げます。

本当にありがとうございました!