受験生時代のルーティン | 東進ハイスクール 金町校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール金町校|東京都

ブログ

2021年 12月 7日 受験生時代のルーティン


トップバナーこんにちは!

東進ハイスクール金町校の山田凌太郎です。

最近は、大学のゼミの発表が近いので、そのグループワークが忙しいです。

2か月ほどかけたものを来週発表するため、緊張がものすごいです。

今回は

「受験生時代のルーティン」

について話していきます。

部活をやっていたころ

授業が終わったら、部活を19時までやって東進に来ることが

毎日の習慣でした。

東進では、だいたい1時間半くらいしか勉強時間が確保できませんでしたが、

部活後に家に帰ってしまうと絶対ソファーで寝てしまいます。

ですので、無理やりにでも東進に来るようにしていました

部活引退後

部活が終わった分、時間的に余裕が生まれたので、

その時間を勉強時間として活かしました。

部活が終わったのが高校3年生の5月で

周りの受験生と比べて遅れている状態にありました。

ですので、その焦りから東進に毎日通い、

挽回していきました。

これらの生活を経て学んだことは

毎日同じルーティンでやることは重要だということです!

今日は疲れたから家でやろう

という風に時と場合や気分によって

勉強のルーティンを崩してしまうと

思ったより勉強時間が確保できなかったり

他の誘惑に負けてしまったりします。

受験は長期的な戦いとなります。

自分のルーティンを確立させましょう!

相談などはいつでも受けます!それではまた次回。